mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

272 views

妊婦が気をつけたい歯医者の治療

妊娠すると口内環境が悪くなる傾向があるので、虫歯になりやすくなってしまいます。
虫歯治療に関して気を付けるべき点を紹介します。

妊娠すると虫歯になりやすい?

妊娠をするとおなかの赤ちゃんに栄養分を取られるから歯が悪くなる、歯がボロボロになるといううわさ話があります。これは本当なのでしょうか?

口内環境が悪化

妊娠すると口内環境が悪化しやすくなります。赤ちゃんに栄養分を吸い取られることが原因ではなく、妊娠初期のつわりが大きく影響しています。つわりの時期は食べ物を口にすると吐き気を催します。歯磨きをする時にも吐き気を催すほどです。そのため、きちんと歯磨きをすることなく終えてしまうことが多くなってしまいます。

歯磨きが十分でないことから口内環境が悪化して虫歯となってしまうのです。また吐き気がするからと言って数回に分けて食べ物を口に入れようとすると口の中が汚れている状態が長くなってしまいます。これも虫歯の原因となっているのです。

虫歯を作らないために

妊娠中に口内環境を悪化させず虫歯を作らせないようにするには、気持ちが悪くても寝る前などにはきちんと歯磨きをすることを心がけましょう。歯磨きをするときに気持ちが悪くなるのであれば磨き方を工夫しましょう。歯ブラシを口に入れることもためらうほど気持ちが悪い時には食べ物を食べた後はすぐにうがいをして口の中をきれいな状態にするように気を付けましょう。

歯医者での虫歯治療はいつからできる?

妊娠すると妊娠初期にはつわりがあります。口の中にものを入れられると吐き気を催すこともあるでしょう。虫歯治療のために歯医者に行きたい場合、いつから行った方がいいのでしょうか。

妊娠初期は避けて

虫歯の治療や史跡を取るために歯医者に行きたいのであれば妊娠初期は避けましょう。妊娠初期はまだ体調が安定していないので体調が安定する妊娠中期以降に行くことをお勧めします。特に妊娠初期にはつわりがひどくなる時期です。つわりの症状は人によって違いますが、ひどいといつもとは違う部屋の香りをかぐだけで気持ちが悪くなってしまいます。

病院の独特なにおいをかぐことで気分が悪くなってしまうと治療を受けることもできなくなってしまいます。妊娠5カ月ごろからはずいぶんつわりの症状もおさまりますから、そのあたりを目安にするといいでしょう。

妊婦であることを告げる

歯科医院に予約をするときや受診に訪れたときには、受付の人や医師に妊婦であることを告げましょう。妊婦であることを告げれば歯医者側も配慮をしてくれます。治療時の態勢が苦しくないだろうか、トイレにはすぐに行きやすいだろうかなどと、いろいろと考えてくれます。治療中にお腹が苦しくなった時などは我慢せずに医師に伝えましょう。

歯医者での治療について

妊婦が歯医者で治療を受けることについて胎児には影響はないのでしょうか?歯科治療と胎児について詳しく説明します。

麻酔

歯科治療を行うときに麻酔を使うことがあります。妊婦である場合には麻酔を使うと胎児に悪影響はないのでしょうか?虫歯治療で使われるのは局所麻酔ですから、お腹の中の多事に麻酔の影響が届くことはありません。しかも歯医者での麻酔には苦痛分娩の際に使われる麻酔と同じタイプのものですから、胎児にも害はありません。

レントゲン

歯のレントゲン写真を撮ることによって胎児に悪影響がないかという点も気になるところでしょう。レントゲン撮影をするときは被爆を避けるための専用のエプロンを着用します。お腹部分は隠れるので被爆をすることはありません。

まとめ

妊娠中はつわりなどによって、口内環境が悪化する時期です。そのため虫歯リスクも高くなる傾向にあります。虫歯を作らないために常に口の中を清潔に保ちましょう。どうしても治療が必要になった場合には、体調が安定してくる妊娠中期ごろから歯医者に行きましょう。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア