mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

243 views

妊娠中のカフェイン摂取はよくない?

妊娠中には食べ物の摂取について医師や看護師、栄養士などから注意があります。
その中の一つにカフェインの摂取を控えるようにとの指導もあります。
どうして妊娠中のカフェイン摂取は良くないのでしょうか?

妊娠中のカフェインについて

妊娠中にはカフェインを摂取してはいけない理由はどうしてでしょうか?

カフェインを摂取しすぎると

妊娠中にカフェインを摂取しすぎると赤ちゃんにもそのカフェインの影響が届いてしまいます。成人した大人であればカフェインを摂取してもかまいませんが、まだ発達途中にある胎児がカフェインの影響を受けることは好ましくないのです。

カフェインから受ける影響は

胎児がカフェインの影響を受けるとどうなるのでしょうか?コーヒー1杯に含まれているカフェインの量は100mgほどで、この程度であれば問題はありません。しかしこの10倍以上の量のカフェイン摂取を継続して行えば流産や死産のリスクが上昇してしまいます。胎児の成長への具体的な影響はまだはっきりとはわかっていませんが、肝機能が低下することはわかっています。

カフェイン摂取の目安は

妊婦であれば1日どの程度のカフェインを摂取してもいいのでしょうか?全くカフェイン摂取はダメなのでしょうか?

1日1杯はOK

毎日コーヒーを何倍も飲む習慣がある人からすれば妊娠した途端コーヒーが飲めなくなるのはかなりつらいことでしょう。妊娠したからと言ってカフェイン摂取が厳禁なわけではありません。1日1杯程度のコーヒーならあまり気にすることはありません。妊娠した途端コーヒーを無理やりやめて大きなストレスを抱えてしまうことの方が妊婦の健康には悪いです。

カフェインが含まれる飲み物

カフェインは紅茶や日本茶にも含まれています。コーヒーだけにカフェインが含まれているわけではないので、注意しましょう。

コーヒーを飲みたいけどカフェインが気になる

毎日コーヒーを飲む習慣がある人は1日1杯なら健康上問題なく飲めると言われてもそれでは少なすぎると思ってしまうでしょう。

ノンカフェインコーヒー

コーヒーを飲む量を減らしたくはないが、カフェイン摂取が気になる場合にはノンカフェインのコーヒーを飲むようにしましょう。厳密には1mg程度のカフェインが含まれていますが、普通のコーヒーと比べると圧倒的にカフェインの量が少ないです。カフェインレスのコーヒーは味気がなくおいしさに欠けると思っている人もいるようですが、味はほとんど変わりません。おいしく飲めるでしょう。

カフェインを含まない飲み物

まったくカフェインを含まない飲み物もあります。たんぽぽコーヒー、ルイボスティー、麦茶などはカフェインを含んでいないので、安心して飲むことが出来ます。

まとめ

妊娠中は、カフェインの入っている飲み物を飲んでは駄目ってことはないですが、カフェインを摂りすぎないように気を付けましょう。お腹の赤ちゃんの影響を考えると通常のコーヒーであれば1日1杯までと決めておけばいいでしょう。ただしカフェインレスの飲み物であれば問題なく飲むことが出来ます。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア