mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

272 views

妊娠中にアルコールは飲んで平気?

妊娠前にアルコールを飲んでいた場合、妊娠がわかればアルコールをやめなければなりません。
妊娠中にアルコールはなぜダメなのでしょうか?
妊娠中のアルコールについて説明します。

妊娠中のアルコールはダメ

妊娠すると医師からもアルコールの摂取は止めるように促されますし、妊娠をしたらやめるべきだと妊婦自身もわかっています。なぜアルコールはダメなのでしょう。

赤ちゃんに悪影響を及ぼす

妊娠してもアルコールを摂取していると赤ちゃんに悪影響が及びます。お腹の赤ちゃんは胎盤を通して栄養をもらっていますが、母体が飲酒するとアルコールが赤ちゃんに伝わるのです。

先天性の疾患が現れるリスクがある

肝臓の機能が未発達な赤ちゃんがアルコールの影響を受けると、成長の遅れがあったり、中枢神経系の異常が出てきたりします。小頭症、耳の位置が低く反り返る、小さい目、低い鼻などの症状が現れてしまうリスクもあるのです。

少量のアルコールは大丈夫?

コップ1杯程度のアルコールなら飲んでも大丈夫だという話を聞いたことはないでしょうか?本当に少量なら飲んでもいいのでしょうか?

少量の飲酒でも控えた方がいい

少量の飲酒であれば赤ちゃんに先天性の異常が出ることもないので大丈夫だという主張を行う人がいます。しかし、これは人によって大きく異なります。少量のアルコールを飲んでいても先天性の異常が出ない人もいますし、少量のアルコールでも胎児の発育に悪影響を及ぼす場合もあるのです。異常が出てからでは後悔しても遅いのです。妊娠したら少量であっても飲酒はやめましょう。

料理にアルコールが使われている場合は

料理にアルコールが使われているものも口にすべきではないのでしょうか?料理にアルコールが入っていてもアルコールは加熱すると飛んでしまうので影響はありません。

ノンアルコールビールなら大丈夫?

どうしてもお酒を飲むことがやめられないのでノンアルコールビールにしたら問題はないのではないかと考える人もいるでしょう。ノンアルコールビールはアルコールゼロのものと、少量のアルコール(1%未満)が入っているものがあるのです。まったくアルコールが入っていないものであればいいですが、少量でもアルコールが入っていると赤ちゃんに影響が出る可能性があります。できるならノンアルコールビールでも摂取しない方がいいでしょう。

妊娠中の飲酒による赤ちゃんへの影響について

妊娠中に飲酒をすることによってどのような悪影響が赤ちゃんに降りかかってくるのでしょうか?

妊娠中の飲酒

妊娠中に飲酒すると、摂取したアルコールが血中に含まれます。そのアルコールを含んだ血液が、へその緒を介して胎児へと送り届けられます。赤ちゃんの体を作る大事な時期にアルコールが入ってくることで脳や顔などの見た目に異常が出やすくなってしまいます。

授乳中の飲酒

出産後には飲酒をしても良いと思っていませんか?授乳期に当たる時期にはアルコールは控えなければなりません。お酒を飲むと、摂取したアルコールが血中に含まれます。母乳は、ママの血液から出来ている為、飲酒後のママが赤ちゃんへ授乳すると、赤ちゃんも同時にお酒を飲んでしまうという事になります。赤ちゃんが急性アルコール中毒になる可能性もありますし、それが原因で命を落としてしまう危険もあるのです。

まとめ

健康で元気な赤ちゃんを産むためにはアルコールは止めましょう。少量なら大丈夫だと言っている人もいますが、少量であっても赤ちゃんには先天性異常が生じてしまう危険なリスクとなってしまうのです。母親がお酒を飲まなければ先天性異常が現れることはありません。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア