mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

256 views

高齢の出産で注意した方がよいことは

35歳以上で出産をすれば高齢出産と言われます。
最近は女性の社会進出が当たり前となり、根気が遅くなっているためにそれに伴い妊娠出産の時期も高くなってきています。
40歳を過ぎて初産というケースも多くあるのです。しかしやはり若いころと違って年齢が高くなると出産に関して気を付けるべきことが多くあります。
ここでは、高齢の出産で注意すべき点を紹介します。

高齢出産のリスク

高齢になって出産することのリスクについて説明します。

妊娠率の低下

高齢になればなるほど、若いころと比べて妊娠率が低くなります。体内の卵子が年を追うごとに老化していくので、妊娠できる可能性も低くなるのです。

妊娠中毒症

妊娠中の血圧上昇や尿にタンパクが出る、全身のムクミなどが妊娠中毒症の症状です。高齢になってから妊娠すると、妊娠中毒症になる確率が高まります。

先天性異常の発生率が高まる

高齢での出産では、先天性の異常が発症する割合が高くなります。20代では約1%ほどですが、40代以上になると、先天性の異常が発症する割合が2.4%と高くなります。

難産

高齢の出産でしかも初産であれば、難産の可能性が高くなります。これは、産道や子宮口の柔軟性が悪くなるからです。そのために高齢の出産では帝王切開になるケースが多くなっています。

体力が落ちる

若いころと比べるとどうしても高齢になると体力が落ちています。体力が落ちることで出産に影響をすることがあります。

ストレスを減らす

ストレスを抱えたままでは母体にも胎児にも悪影響を及ぼします。日ごろからストレスを溜めすぎないように気を付けましょう。適度な運動をしたり、質の良い眠りにつくことでストレスを軽減させましょう。

適度な運動は体力づくりにも効果的です。出産は体力が必要ですから、妊娠中から適度な運動をして体力維持を測りましょう。

バランスの良い食事

妊娠中にはつわりなどがあることから、なかなか思うように食事ができない時期があります。つわりが終われば、バランスの良い食事をとるように心がけましょう。体作りの基本は食事です。葉物野菜には葉酸がたくさん含まれています。妊婦と赤ちゃんの栄養のために妊娠前、妊娠中も積極的に摂取しましょう。

高齢の妊娠で気を付けるべきこと

高齢の出産をひかえている場合、どのようなことに気を付けるべきなのでしょうか?

体重の維持

妊娠中は胎児がいるからと言っても、あまり太りすぎると出産時に体に負担となってしまいます。痩せすぎも良くありませんが、太りすぎも厳禁です。

喫煙。飲酒は絶対にダメ

高齢の出産だけではなく妊娠している人全員に言えることですが、妊娠が分かったら喫煙と飲酒はやめましょう。胎児の発育に大きく影響を及ぼしてしまいますから、健康な赤ちゃんを産みたいのであれば喫煙も飲酒も絶対にやめるべきです。

むくみに注意する

高齢の出産には妊娠高血圧症候群のリスクが伴います。ムクミやしびれ、腰痛などを感じたら放置せずに担当の医師に相談をしましょう。早めに対処することでリスクを軽減することが出来るのです。

まとめ

高齢での出産は年々増加してきています。やはり若いころと比べると高齢での出産には何かとリスクが伴います。きちんとした知識を身に付けて出産に挑むのと無地に出産できる確率が大幅にアップします。正しい知識を身に着けて出産に臨みましょう。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア