mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

85 views

0歳赤ちゃんの注意した方がよい病気

生まれたばかりの赤ちゃんは免疫があるので病気にはなかなかかかりませんが、免疫力が切れる生後半年ほどすれば、徐々に病気にかかるようになってきます。
0歳赤ちゃんの注意がした方がよい病気について説明します。

発熱

赤ちゃんはもともと平熱が高く37.5度程度では発熱しているとは言いません。しかし、37.5度以上の熱が出ている場合には機嫌が悪くなりますし、ミルクの飲みも悪くなります。赤ちゃんは比較的頻繁に熱を出します。発心があるなどの症状がなく37度台のときはあまり心配ありませんから様子を見ているといいでしょう。

すぐに病院へ連れて行こう

生後間もない赤ちゃんであっても発熱することがあります。赤ちゃんはすぐに脱水症状を起こしやすいので、38度程度の熱が出ている場合にはすぐに病院へ連れていきましょう。

水分補給をしっかりと

発熱があるときには水分補給をしっかりと行って脱水少女委が起こらないように注意しましょう。病院や調剤薬局などにも売っている経口補水液(OS-1)や、イオン水などを飲ませるといいです。赤ちゃんはたくさんは飲めないので、少しずつ複数回飲ませて脱水察せないようにしましょう。

熱があって発疹がある場合

発熱があり、さらに発疹までが出ているときには、ウィルス性の病気の可能性が高いのですぐに病院へ連れていきましょう。またほかの赤ちゃんにうつる可能性もあるので、病院へ行く前にあらかじめ伝えておいた方がいでしょう。

鼻水鼻づまり

赤ちゃんの鼻やのどの粘膜はデリケートなので鼻水が出たり、鼻詰まりが起きることはよくあります。寒いところから急に温かいところに行ったときなど温度の変化を感じると鼻水が出るのは大人と同じです。機嫌が悪くないのであればそれほど気にする必要はありません。

スポイトを使う

柔らかい鼻水が詰まっている場合、スポイトで吸えば取り除くことが出来ます。あまり力強くして鼻の粘膜を傷つけないようにしましょう。

綿棒を使う

かたい鼻くそが溜まって鼻詰まりを起こしている場合には、ベビーオイルをしみこませた綿棒を使って取り除きましょう。少し温めたタオルを鼻に当てて鼻くそを柔らかくして取り除く方法もあります。

下痢

消化器官が未発達の赤ちゃんはよく下痢をします。月齢が低い赤ちゃんの便は普段から少し柔らかいので下痢かどうか悩むところでしょう。

機嫌が悪い場合

発熱があり機嫌が悪く、下痢に嘔吐を伴い、何度も繰り返したり、水のような下痢である場合にはすぐに医師に診てもらいましょう。

機嫌が良い場合

下痢をしていても熱もなく、食欲もあって普段と変わらず、機嫌が良いのであればそれほど心配する必要はありません。様子を見ましょう。

水分補給を忘れずに

下痢は体の水分を奪って脱水症状をおこす可能性があります。赤ちゃん用のイオン飲料などで水分補給を忘れずに行いましょう。

まとめ

0歳児の赤ちゃんでもあっても病気になります。機嫌が良ければそれほど心配することはありませんが、赤ちゃんの様子をよく見ておきましょう。病院へ行ったときには、赤ちゃんの様子をしっかりと医師に伝えましょう。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア