mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

318 views

生後6ヶ月の赤ちゃんの授乳タイミングは?

生後6カ月になると離乳食も始まってきます。
授乳はどのようなタイミングで行えばいいのでしょうか?
生後6か月の赤ちゃんの様子や授乳について説明します。

生後6カ月の赤ちゃんの様子

生後6か月の赤ちゃんの様子について説明します。

寝返りが出来るようになる

生後6カ月にもなると厚生労働省が示した成長曲線によると、身長は61.7~72.1cm、体重6,060~9,570gです。寝ている状態から寝返りが打てるようになったり、運動量が増える時期でもありますから、生後5か月のころから比べるとあまり体重が増えなくなります。

寝返りの次にはお座りが出来るようにもなりますし、起きている時間が随分長くなるので、一緒に過ごす時間も多くなる時期です。

視野が広がる

須割が出来るようになることで赤ちゃんの視野が一気に広がります。ただしお座りが出来るようになっても安定感が悪いので目を離さないようにしましょう。すぐに転がってしまっても危険がないように周囲にテーブルやいすなどがないように危険リスクを低くするようにしましょう。

安定感を持たせるためにお座りをしたときにはクッションなどを添えてあげるといいでしょう。ただし、無理にお座りをさせたままにしていると赤ちゃんの体に負担が大きくなってしまうので、無理はさせないようにしましょう。

離乳食が始まる

生後5~6カ月になると離乳食が始まります。授乳のタイミングはどうすればいいのでしょうか?

授乳は5回~6回

生後6カ月になると離乳食が始まりますが、離乳食だけから栄養を摂取するのは難しいです。離乳食はまだ完全な栄養源ではないので、離乳食後には欲しがるだけ母乳を与えましょう。生後6ヶ月の赤ちゃんの授乳回数は1日5~6回が目安です。人口のミルクの場合には、缶の側面に記載されていると思いますが、200~220mlを1日4~5回程度与えてあげましょう。

離乳食は食べたいだけ

生後5か月の赤ちゃんは離乳食を始めたばかりですから、食べる量が大切ではなく食べることになれさせたり、食べることは楽しいということを教えることに重点を置きましょう。そのため、離乳食後にはミルクや母乳を赤ちゃんが欲しがるだけ与えるのです。

生後6か月の赤ちゃんの生活リズム

生後5か月の赤ちゃんの生活リズムについて説明します。

まとまった睡眠時間

生後5か月の赤ちゃんは睡眠時間をまとめて取るようになります。お昼寝も長いですし、夜もしっかりと寝てくれるようになるので、ママは赤ちゃんが寝ている間に好きなことをしたり、家事をしたり、ゆっくりと寛ぐこともできるので、ずいぶん楽になるでしょう。

ただし夜泣きが激しい赤ちゃんもいます。寝てくれたと思ったら、1~2時間して急に激しく泣き出す子もいます。どうして夜泣きをするのか、はっきりとした原因は解明されていませんが、日中の新しい経験や刺激から夜泣きになるという説や、脳が発達していることが原因であるという説もあります。

生後6カ月になると歯が生え始めます。そのために、歯茎がむずむずとするので、夜泣きをしてしまう場合もあるようです。

食事のリズムを整えて

生後6カ月になると夜の授乳は必要なくなってくる子が多くなります。朝起きてから授乳となりますし、離乳食も始まるので食事のリズムを取りやすくなります。

朝起きたら太陽の光を浴びて決まった時間に離乳食を食べてお昼寝をしたら、その後はおもちゃで遊んだり、外を散歩するなどしてメリハリのある生活をすることで脳に刺激を送ることができるので、睡眠時間も長くぐっすりと寝ることが出来るでしょう。

まとめ

生後6ヶ月になると、一度にたくさんの量を飲むことができるようになります。一度にたくさんの量を飲むことが出来るようになるので、それほど多くの回数を上げなくてもよくなってくるのです。離乳食も始まりますが、離乳食だけから栄養分を摂ることは出来ないので、離乳食後には好きなだけ母乳やミルクを与えましょう。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア