mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

291 views

生後6ヶ月の赤ちゃんってどんな時期なの?

生後6カ月にもなると生まれたばかりのころとは違って体もしっかりとしていますし、寝返りをしたりお座りもできるようになる時期です。
首もしっかりとしているので、抱っこをしても危なかなしいこともありません。
生後6か月の赤ちゃん成長についてみていきましょう。

生後6カ月はどんな時期?

生後6カ月にもなるとママから受けた免疫力が低下してくる時期なので、病児になりやすい時期でもあります。離乳食を始める時期でもあります。

6カ月の赤ちゃんの成長は緩やか

寝てばかりいた時期に比べて6カ月の子は動きが多くなっているので体重の増加は緩やかです。個人差はありますが、男の子なら身長は63.6~71.1センチ。体重は6・4~9.6g。女の子なら身長は61.7~70.4cm、体重は6.1~9.1kgぐらいに成長します。

お座りが出来る子も

お座りが出来るようになる赤ちゃんもいます。ただしまだ不安定な状態ですから、支えが必要です。座ることで今まで見えていた景色と違ってくるので、赤ちゃんは好奇心旺盛になります。

歯が生えてくる子も

歯が生えてくる赤ちゃんもいます。小さな白い歯が下から生えてきます。歯ぐきをかゆがる時もあるでしょう。歯が生えてくるのは個人差が激しいので生えるのが多少遅くても心配することはありません。

病気にかかりやすくなる

生後6ヵ月ころになると、母親からもらった免疫が少なくなってくるので病気になりやすい時期です。発熱などが起きやすくなってしまいます。機嫌が悪くなるとどこか具合が悪いかもしれないとよく観察しましょう。赤ちゃんに異変を感じたら、病院を受診するようにしましょう。

離乳食を始める時期

生後6カ月になると、そろそろ離乳食を始める時期です。

1日1回から始めましょう

離乳食は無理せずに1日1回1さじから始めていきましょう。いきなりたくさんをあげてしまうと、お腹がびっくりしてしまいますから、もっと欲しがったとしても1さじにとどめておきましょう。

徐々に食材を増やす

離乳食は徐々に食材を増やしていきましょう。まだ胃腸が未発達ですからしっかりと裏ごしをしたものを与えましょう。白身魚や豆腐をすりつぶしたものや野菜をすりつぶしたものなどを与えます。

メインは母乳やミルク

離乳食を始めても1日1回ですし、メインはミルクや母乳です。離乳食を食べさせた後も欲しがるだけミルクや母乳を与えましょう。そのほかにも1日4回~5回はミルクや授乳が必要になるでしょう。

コミュニケーションが発達

生後6ヵ月の赤ちゃんは好奇心が旺盛になりますし、コミュニケーション幅が広がってきます。

「いないいないばあ」が好き

この頃の赤ちゃんの好きな遊びは「いないいないばぁ」です。タオルを使って顔を隠して「ばあ」と登場すると声を上げて喜びます。

ママの声が好き

ママの声が大好きな時期ですから、歌を歌ったり、絵本を読んで声をたくさん聞かせてあげましょう。

ハイハイで移動

生後6か月の赤ちゃんはハイハイが上手になってきます。ハイハイで広範囲まで移動をします。手に取るものは何でも興味を示し口に入れてしまうので、誤飲には気を付けなければなりません。

人見知りがはじまる

人見知りが始まる子もいます。人見知りは個人差が大きいので、もっと早い時期から人見知りが始まる子もいますし、もっと後の月齢になってから人見知りが出てくる子もいます。人見知りが始まるのは、それまで区別がつかなかったママとほかの人との区別がついてきた証です。つまり、精神的に発達してきた証拠ですからその成長を喜びましょう。

まとめ

生後6カ月になるとそれまで以上に行動範囲が広くなりますし、コミュニケーションの幅が広がるので、子育てをしていても新しい発見が次から次へと出てくるでしょう。成長は個人差が大きいので、ほかの赤ちゃんと比べて心配をする必要はありません。ゆっくりのんびりと子育てを楽しみましょう。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア