mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

235 views

3歳育児までが大事と言われる理由とは?

子育ては3歳までが重要だと言われています。
その理由はなぜでしょうか?
ここでは、3歳までの育児が大事だと言われる理由について徹底検証していきます。

三つ子の魂百までと言われるように

三つ子の魂百までという言葉が昔からあるように、3歳育児までが大切です。

 

3歳までに土台が作られる

生まれてから3歳までに自分で歩けるようになり、走りったり、言葉を理解し、意志を伝えられるようになります。つまりはその子の土台が作られるのです。もちろんお母さんやお父さんからの遺伝的な要素を引き継ぐところもありますが、3歳までにどのような環境でどのように大人が接して生活をしてきたかでその子の土台が決まるのです。

 

考える力・創造する力・解決する力が形成される

3歳までに考える力・創造する力・解決する力が形成されます。周りの大人達が子供にとっていい環境を整えてあげれば、頭の良い子に育てることが出来るのです。

 

信頼関係を構築する

子供はしっかりと愛情を受けて育てられることで育ててくれた人を信頼し、自分も人を信頼するという心をはぐくみます。

 

親子の絆を深める

3歳までにしっかりと愛情を受けて育てられることで親子の絆が深まります。信頼関係が生まれるので、その後の親子関係に亀裂が入ることもありません。一昔前はあまり抱っこをすると抱き癖がついてしまうという人もいましたが、抱っこが出来るのは赤ちゃんの時期だけです。しっかりと抱っこをしてスキンシップを図りましょう。子どもは「自分は愛されている」と自信を持つ事ができるので自分の自信を持つことが出来るような子供になるのです。

 

親子の触れ合いをしっかりと行う

上手に話すことが出来なくても親子でいっぱいお話をしたり、子供にしっかりと話しかけてあげましょう。話ことが出来ない子でもたくさんの言葉を話して聞かせることで言葉を吸収していくので言葉を認識し、徐々に言葉を覚えていきます。

 

味覚、舌が作られる

3歳までに味覚、舌が作られます。

 

食生活を整える

子供のころに味覚や舌は作られます。バランスが良い食事を食べさせましょう。食が細いからと言って好きなものばかり食べさせていけません。2歳のころによく食べたものは大人になっても好きな食べ物になるという報告もありますから、バランスのとれた食事を食べさせましょう。

 

味付けに注意

乳児に濃い甘味、塩味、旨味に慣れさせてしまうと脳の発達が遅れてしまう場合があります。正常な味覚の育成は脳の発達をサポートするのです。3歳までの間は脳を発達させるのに最も重要な期間なので食事には気を配りましょう。

 

まとめ

3歳までの時期にすべてが決まってしまうわけではありません。しかし大変重要な時期でもあります。この3歳までの時期に、子供の能力や個性のおおまかな土台ができあがると言われています。たくさんの愛情をもって子育てをしていきましょう。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア