mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

243 views

7歳児女の子の育て方

男の子よりも女の子の方が精神的にも肉体的にも成長が早いです。
成長が早いので自分で何でもできると思っているところがあり、助け舟を出されたり、何か言われると自分でできるのに!
と思ってつい反抗的な態度をとってしまう時期でもあります。
7歳児の女の子の育て方について説明します。

7歳児は第二の反抗期

2~3歳ごろに1回目の反抗期がありますが、7歳児は2回目の反抗期のような状態です。2歳から3歳ころの反抗期では「イヤイヤ」を連発する状態でしたが、7歳児になると口うるさい親に対して反抗してきますが口で犯行をするだけです。しかし親に甘えたい気持ちも見え隠れしている状態です。

反抗的な態度をしながらも

7歳児女の子は親に対して反抗的な態度をとりがちです。口が悪くなってくる傾向もあります。「宿題をしようね」というと「わかってるわ~」「うるさいな~」などと悪い言葉を使うようになります。子供が突然反抗的な態度を取ったり、親の言うことに対して反抗すると親とすれば驚いてしまうでしょう。しかしこれは成長している証です。

脳の発達が大人に近づいてくる

7歳児になると脳の発達が大人に近づいてきます。自分で物事を考えて行動したがるのです。自立心が大きくなってくるので親の言う通りばかりではなく自分の思いを貫きたいと思って反抗する態度に出てしまうのです。親の育て方が悪いから反抗的な態度をとるのかもと悩むことはありません。成長している証ですし、成長過程の一つですから、頭ごなしに叱ったり、むりやり力でねじ伏せるようなことはやめましょう。

反抗的な態度にイライラしない

7歳児の女の子は親に対して反抗的な態度をとることがあります。親は反抗的な態度を取られるとイライラしてしまうでしょう。我慢できずに叱ってしまうこともあるでしょう。しかしイライラして叱っても子供の版恋鵜的な態度が収まることはありません。

子供の話を聞く

子供の話を無視して叱っても子供の心には響きません。まずはどうしてイライラしているのか、子供の話に耳を傾けましょう。子供の意見に向き合って、その上で話し合いをするようにしましょう。

謝ることを教える

子供が本当に悪い態度をしたときには叱り事が必要です。反抗期の時期だから仕方がないと言って甘えさせていてはいけません。将来きちんとした大人になってもらいたいのであればなおさら、悪いことをしたときにはきちんと謝ることを教えましょう。

パパを嫌う

7歳児の女の子はそれまで大好きだったパパを嫌う傾向にあります。

異性の親に対して反抗

母親に対しても反抗する態度を示すことがありますが、特に女の子は異性の親である父親に対して版恋鵜的な態度を見せがちです。「パパ嫌い」「パパあっちに行って」などという言葉を使うようになってきます。異性に対して反抗心を出す時期なのでそれほど気にする必要はありません。

パパはいつでも味方に

母親に怒られて落ち込んでいるときに父親からも叱られると余計に傷ついて落ち込んでしまいます。普段は仕事で忙しくしている父親が休日などの時に限ってこどもをしかったのでは、さらに反抗的な気持ちが大きくなってしまうでしょう。母親が叱っているときは、父親は子供を暖かく受け入れてあげるようにしましょう。

まとめ

7歳児の女の子は男の子に比べて精神的な成長が早く自立心が芽生えます。親に対して反抗的な態度をとってきますが、まだまだ甘えたい年頃でもあります。反抗的な態度がいつまでも続くことはないという目で見守ってあげましょう。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア