mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

427 views

35歳を過ぎた妊娠のリスクとは?

最近では、晩婚化などの影響で35歳以上の妊婦さんも増えてきました。
高齢出産というとハイリスクを伴うイメージがありますが、具体的にどんなリスクがあるのか知らない方も多いようです。
リスクを認識することで回避できることもあると思うので、まずは高齢出産にはどんなリスクがあるのか知ることから始めてみませんか?

35歳をすぎた女性の妊娠のリスクとは?

不妊・不妊治療

卵子の元になる細胞は、年齢と共に減少します。
一度減ってしまった卵子は、生涯増えることはないので、年齢を重ねる毎に必然的に残り少なくなっていきます。30代以降は、卵子の元になる細胞の数が減るスピードが加速するので、卵子を生み出す力が弱まっていきます。

更に、卵子の質も年齢と共に低下をするので、受精しても妊娠を継続できないケースが増えており、20代では不妊の確率が数%ですが、40代では60%といわれています。又、高齢になる程、人工授精や体外受精などの不妊治療を行っても成功率が下がってしまいます。

35歳以上の女性の妊娠のリスク(かかりやすい病気)

高齢出産のリスクは様々ですが、高齢の妊婦さんが心配となるのはお腹の赤ちゃんへのリスクだと思います。ここではどんなリスクがあるのかを解説します。

ダウン症などの染色体異常児が生まれる可能性が高くなる

● ダウン症

高齢出産のリスクの中でも、重要度が高いのが先天異常です。
中でも注目されているのがダウン症で、卵子の老化がその原因の一つといわれています。

女性が生み出せる卵子の数は生まれた時に既に決まっていて、年齢を重ねるにつれて卵子自体も老化してきます。卵子や精子が老化していると染色体に異常をきたすことがあり、胎児に異常が見つかることもあります。染色体異常が起こった場合は、20%が父親由来、80%が母親由来といわれています。
ダウン症発生率は、25歳の出産で1,351人に一人、30歳で909人に1人、40歳で112人に1人と、高齢妊婦になるにつれて発症率が高くなります。

●「無脳症」と「二分脊椎症」

高齢出産の場合、ダウン症以外にも先天異常のリスクがあります。先天異常には、色々な種類がありますが、特に多いのが「無脳症」と「二分脊椎症」になります。

=無脳症とは?=

無脳症は奇形症の一種で、胎児の大脳が全くない、もしくは非常に小さくなっており、頭蓋骨も欠損している症状です。
発症した胎児の75%が死産となり、残りの25%は生後1週間以上生存することは難しいといわれています。

=二分脊椎症とは?=

胎児の背中の脊椎が分かれて、皮膚から飛び出してしまう症状が出ます。二分脊椎症の半数は水頭症を合併症しているとも言われています。
二分脊椎症となると、すぐに亡くなることは多くないですが、脳手術が必要になることがあるなど、重度の先天異常といえます。

~女性の出産年齢別先天異常の確率~

・25~29歳
1.88%

・35~39歳
2.02%

・40歳以上~
2.38%

高齢出産となるほどにその可能性が上昇してしまいます。

(卵子の老化は、染色体異常児が生まれる原因のあくまでも一因となります。)

妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群は、以前は妊娠中毒症などと呼ばれていた病気です。

~妊娠高血圧症候群の症状~

高齢妊娠の場合、老廃物がスムーズに排出されなくなって浮腫みが出やすくなる等、妊娠高血圧症候群にかかる可能性が高くなります。

妊娠高血圧症候群は、血圧上昇によって様々な血管・血液の諸症状が起き、母子に危険が及ぶこともある病気で、帝王切開につながることもあります。

~妊娠高血圧症候群の年齢別発症率~

妊娠高血圧症候群は、どの年齢層の妊婦さんにもかかる可能性があり、発生頻度は妊婦の10%位ですが、35歳以上では約14~18%、45歳以上では約30%と、特に高齢出産時にリスクが高いといわれています。

~妊娠高血圧症候群にかかる原因~

人の血管は年齢を重ねる程硬く、弱くなる傾向があるので、当然高齢妊娠となると、胎児と繋がっている血管も硬化しやすくなり、高齢妊娠の場合、高血圧になる可能性は20代の1.8倍といわれています。
加齢による卵巣や機能が低下するので、妊娠高血圧症候群の発生率も上がるのです。

● 妊娠高血圧症候群を防ぐには?

これらのリスクは年齢によって高くなってはいますが、個人差によるものも大きいのです。

妊娠高血圧症候群を予防する為には、早期発見及び、食事や栄養指導を受けることや体重管理が大切です。

胎盤早期剥離

妊娠高血圧症候群になると出産前に赤ちゃんと母体をつなぐ胎盤が剥がれてしまう、胎盤早期剥離をも引き起こす確率が高まります。

妊婦さんの血流が滞ると胎盤と子宮壁に間に傷ができて、血液が溜まりどんどん胎盤が剥がれていってしまうという状態になります。

赤ちゃんは胎盤を通じて、母体から栄養分や酸素をもらっていたので、供給がストップすると命に関わる危険な状態になります。

妊娠糖尿病

妊娠中は、インスリンの分泌を妨げるホルモンが出てくるので血糖値が上がりやすく、誰でも妊娠糖尿病になる可能性はありますが、インスリンを分泌する膵臓の機能が年齢と共に衰えてくるので、高齢妊婦さんは、妊娠糖尿病になりやすいといえます。

その他の病気

その他、全身が疲れる甲状腺疾患・流産の原因になりうる子宮筋腫・卵巣に腫瘍ができる卵巣腫瘍などにかかる確率も上がるといわれています。

35歳以上の女性の妊娠のリスク(難産になりやすい)

年齢を重ねる毎に、難産となる確率も高まってしまいます。

帝王切開

高齢となると、子宮頚管や子宮口が硬くなったり、陣痛が起きても赤ちゃんが産道に降りてこない時があります。出産が長時間に及ぶ難産になりやすく、妊婦さんも疲れて赤ちゃんの命に関わる場合もあるので、経膣分娩ではリスクが高すぎると判断されることもあります。
その為、高齢出産は始めから帝王切開を行う医師も多く、出産時の状況によって急遽、帝王切開に切り替える場合もあります。

吸引分娩

子宮口が全開をしたのにも関わらず、赤ちゃんが産道に降りてこない場合、赤ちゃんがひっかかって苦しんでいる可能性があります。
早く赤ちゃんを外に出す為に、器具を使用して引っ張り出す吸引分娩が行われることもあります。

流産しやすい

流産となる可能性は20代では約10%ですが、40代では倍の約20%となります。
はっきりとした原因は不明ですが、やはり、加齢に伴う卵子の質の低下や、衰えた卵子による染色体異常などで流産となることが多いようです。

高齢による体力や筋力の低下

体力や筋力のない妊婦さんは、お産が長くなる傾向にあります。陣痛は赤ちゃんを生み出す為にお腹が収縮することをいいますが、お腹の収縮は運動のようなものとなります。
赤ちゃんの通り道は筋肉で囲まれていますが、身体を動かす習慣のない方は、筋肉が硬くなっている為、産道が開きにくい場合があります。
又、子宮口が前回した後に十分いきむことができないと、赤ちゃんが降りてこれない場合もあります。
体力や筋力は年齢と共に衰えるので、難産となる傾向にありますが、当然個人差もあります。

高齢妊娠のリスクを回避する方法

高齢であっても、生活習慣などを改善することで、高齢妊娠のリスクを軽減させることは可能となります。

体力をつける

出産も育児も体力勝負となるので、妊娠前から体力維持をしていくことが大事です。
若くても体力がなく、産道が硬い方もいますし、40代で持久力がある方もいます。
高齢だから体力がないと思いこまず、普段からストレッチをしたり、適度な運動を続けて体力づくりをしておくことが大事です。

バランスの良い食生活

妊娠中に必要とされている葉酸などの栄養素や・ホルモンバランスを整える食材を取り入れ、バランスの良い食事を心がけることも大事です。

環境を整える

妊娠高血圧症候群は、身体に無理をかけることでも発症するので、余裕をもった妊婦ライフが送れるように環境を整えましょう。
高齢の妊婦さんは、お仕事をされている方も多いと思いますが、仕事のストレスや疲労を溜めないことも大事なことですし、仕事も無理しない程度にセーブすることも必要かと思います。
又、出産後は家事も確実に増えるので、家事の負担が軽減できる電化製品の購入や、食料の宅配サービスなどの検討をしてみるのも良いと思います。

その他の対策

・もしもの時にすぐに高齢出産の対処ができるように、産婦人科へ連絡をしておく。

・充分な睡眠をとる

・具合が悪くなったら、無理せず安静にする

・高血圧対策の為、塩分控えめにする

・ストレスを貯めこまない。

・たばことお酒は胎児に悪影響を及ぼす為、厳禁。

高齢妊娠のメリット

高齢出産となると、デメリットばかりが目につきますが、「赤ちゃんのことを大切に思う気持ちが強く、若い頃よりも自己管理が徹底できる」など、高齢出産ならではのメリットも、もちろんあります。

若返える

妊娠中は、女性ホルモンの分泌量が増えるので、髪や肌に艶が出てくるなどして、実年齢より若返る妊婦さんもいます。
又、高齢出産はリスクが高いことが念頭にある為、体重増加などを気をつける方が多いので、太り過ぎを防止できたり、お産もスムーズに進んで産後も体型が早く戻ったというケースもあります。

体力がつく

産後は、赤ちゃんの可愛い姿や笑顔を見ているだけで、自然とパワーをもらえたり、家事や育児などで動きまわると足腰が鍛えられて、徐々に体力がついてきたという方も実際にいらっしゃいます。

まとめ

高齢出産には確かにリスクがありますが、年齢よりも個人差が大きいものです。高齢でも妊娠をして無事出産を迎えている方も大勢いらっしゃいます。年齢を重ねたことによる強みを生かして、リスクを認識し、出産に備えることで、ご自身が納得できる出産ができると良いですね。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア