mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

253 views

妊婦は乾燥肌になりがち?

妊娠する前は何もトラブルがなかったという人でも、妊娠するといろいろな肌トラブルが出てきます。
その一つが乾燥肌です。
なぜ妊娠すると乾燥肌になりやすくなるのでしょうか?

妊婦が乾燥肌になる原因は

妊婦が乾燥肌になりやすくなる原因はどこにあるのでしょうか?

ホルモンバランスの変化

妊娠すると妊娠前に比べて大きく変わるものがあります。それはホルモンバランスです。妊娠をするとホルモンバランスが変わるので、それまで肌トラブルがなかった人でも肌トラブルを感じやすくなってしまうのです。乾燥肌になりやすくなるのはホルモンの影響が大きいのです。

赤ちゃんに水分が送られることで

お腹にいる赤ちゃんにはお母さんの母体から水分や栄養分が送られていきます。母体の水分不足はカサカサ肌になりやすくなってしまいます。これも乾燥肌になりやすくなる原因の一つです。

乾燥肌対策に

妊婦の乾燥肌対策はどうすればいいのでしょうか?

ストレスを溜めない

妊娠中に乾燥肌になったことを気にしすぎたり、妊娠による体調不良を深く悩んでいるとそれが大きなストレスとなってしまいます。ストレスを溜めたままにしていると余計に肌トラブルが引き起こされてしまいます。

ストレスを溜めすぎないように、余計なことで悩みすぎないようにしましょう。妊婦中の乾燥肌も出産後には収まります。乾燥肌を軽減させるケア方法もありますから、あまり深く悩まないようにしましょう。

水分補給をしっかり行う

妊娠中は水分補給を妊娠前よりももっと多めに行いましょう。妊娠中に必要とされている1日の水分量は、2リットルといわれています。乾燥肌を緩和させるには、肌に水分を運べるだけの水分を摂取することが大切となってくるので、こまめに水分補給を行いましょう。

栄養バランスの良い食事をとる

栄養バランスが偏らないようにバンスの良い食事を摂るように心がけましょう。バランスの取れた食生活が、お腹の中の赤ちゃんだけではなく、肌荒れや乾燥にも効果的です。

顔やボディケアを行う

乾燥肌になった場合には顔だけではなくボディのケアもきちんと行いましょう。

紫外線対策をする

乾燥肌になっていると紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。妊娠前よりももっと念入りに紫外線対策を行いましょう。紫外線が肌に入り込むことでシミができやすくなってしまいます。

顔やボディのケアを

妊娠前に肌トラブルがない時に使っていたコスメでは妊娠後に乾燥肌になってしまった肌には合わない場合があります。今一度コスメを見直してみましょう。保湿力の高いものを使えば乾燥肌対策にはいいでしょう。またボディも乾燥しやすくなっているので、ボディクリーム、オイルなどで乾燥しないようにしっかりケアしましょう。

乾燥肌がひどく肌が下着でこすれてしまうのであれば、下着を綿100%の肌触りの優しいものに変えましょう。

まとめ

妊娠をするとホルモンバランスの変化により肌の状態も乾燥気味になりやすくなってしまいます。一過性のものがほとんどで、出産するとこういった乾燥肌も治まってきますから、それほど悩むことはありません。ただし乾燥気味の肌はトラブルを引き起こしやすいのできちんとケアをしておきましょう。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア