mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

285 views

生後1歳の赤ちゃんってどんな時期なの?

生まれたころから1年たつと体も大きく成長しますし、色々とできることも増えます。
生後1歳の赤ちゃんはどのような時期なのでしょうか?

出来ることが増える

生後1歳になるといろいろなことが出来るようになりますし、行動範囲も広がります。

自分で立つ

赤ちゃんは1歳になると、お座りから自分で立ちたがるようになります。つかまり立ちや伝い歩きが出来るようになる子もいます。ただ寝ているだけの時と違いいろいろな動きが出来るようになってくるので行動範囲も広くなります。

狭い場所に行きたがる

とにかく狭い場所に行きたがるのが生後1歳ごろの赤ちゃんです。テレビの後ろや、棚の後ろ、カーテンの後ろなど狭くて入りにくい場所に自ら行きたがります。物の後ろなどもきちんと掃除をしてほこりを取り除いておきましょう。

ソファーに上りたがる

ソファーを見れば上りたがります。初めは上りにくそうにいているので少しお尻を道あげてあげると、徐々にコツをつかんで自分ひとりで登れるようになります。しかし、ソファーから降りられないので、下ろしてほしいとせがんで来るでしょう。ソファーからおろせばまたソファーに上りたがります。この繰り返しを行うことが増えるので、面倒だと思うかも知れませんが、これも成長の一環ですから温かく見守ってあげましょう。

感情表現が豊かになってくる

泣いたり笑顔を見せたりするだけだった時期からは大きく成長をします。感情表現が豊かになってくるので一緒に過ごしていても楽しい時間を過ごすことが出来るでしょう。

うまく話せない

うまく話をすることは出来ませんが、「まんま」「ねんね」などという言葉を話すようになりますし、ある程度大人の言葉を理解できるときもあります。表情がくるくる変わってみているだけでも楽しいのですが、自分思い通りにならないことがあると、すぐに泣いたり叫んだり、騒いでしまうこともあります。

食器をたたいたり投げたり

色々なことや物に興味が出てくる時期です。食器やおもちゃ、手につかんだものは何でも口に入れたり、投げたり、たたいたりします。危険なこともあるので悪いことをした場合には「ダメ」と言って注意しましょう。

目が離せない

とにかく生後1歳の赤ちゃんからは目が離せない時期です。

なんでも興味津々

1歳の赤ちゃんは好奇心が旺盛で、行動範囲が広がった分、いろんな場所へ行きたがります。手をつないでいれば安心できますが、どんどん歩いていきたい気持ちが強いので、お母さんと手をつなぎたがろうとしません。何でも口に入れることもあるので、目が離せない時期です。

後追いが始まる

お母さんがちょっとでも見えなくなると不安になって泣いたり、お母さんの後追いが始まる時期でもあります。トイレなどちょっとした時間でも目の前からいなくなると不安で泣いてしまうのです。

まとめ

生後一歳になると赤ちゃんはいろいろな行動が出来るようになります。自分でできることが嬉しくてどんどんなんでもやりたがります。少しでも自分の思い通りにいかないとすぐに泣いたり騒いだりする時期でもあります。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア