mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

294 views

マタニティブルーが怖いあなたへ

妊娠するとうれしい気持ちがある反面、母親になることへの不安や育児に対する不安な気持ちが大きくなってしまうものです。
初めての出来事に戸惑う人は大勢います。
その結果マタニティブルーになってしまう人もいるのです。

突然の不安な気持ちはマタニティブルー

妊娠中に突然不安な気持ちに襲われることがあります。不安な気持ちが大きくなって自分ではどうすることもできなくなります。普段の自分では考えられないほどの不安感に襲われることがあります。イライラする気持ちがどんどん大きくなる場合もあるのですが、これはすべてマタニティブルーが影響しています。

マタニティブルーの症状

マタニティブルーは産後になると思っている人もいますが、妊娠中からマタニティブルーになる人も多くいます。待望の赤ちゃんがお腹にいることでうれしいはずなのに、妊娠中に突然無気力さを感じることがあります。

さらには何の根拠もないのに不安な気持ちになったり、イライラする気持ちが抑えられなくなったりします。子供を産んでも大丈夫なのだろうか、子供に障害が出たらどうしようと考えれば考えるほど不安な気持ちが大きくなってしまいます。

妊娠するまでは明るく前向きな自分だった人は特にこんな自分は自分ではないと否定してしまい余計に不安な気持ちを抱え込んでしまうのです。また出産の恐怖からマタニティブルーになってしまう人もいます。

ホルモンバランスが影響

マタニティブルーになるのはホルモンバランスが大きく影響していると考えられます。妊娠種産後にはホルモンバランスが変化するので誰でもなる可能性があると言えます。

マタニティブルーに陥りやすい人は

マタニティブルーに陥りやすい人の傾向があります。人は初めてのことに対して不安を大なり小なり感じます。しかし、持ち合わせている性格によって不安な気持ちが大きくなりすぎてしまう人もいるのです。まじめな人、几帳面な人、心配性の人は考えすぎる傾向にあるのでマタニティブルーに陥りやすいのです。

マタニティブルーに陥りやすい時期

マタニティブルーには陥りやすい時期があります。おかしいな、もしかしてマタニティブルーかもしれないと思ったら対策を講じるようにしましょう。

妊娠がわかったとき

もしかして妊娠したのではと不安に思うことでマタニティブルーになることがあります。待ち望んだ妊娠だったのにこれから体がどんどん変化していくこと、仕事に対する不安などによってマタニティブルーを発症してしまうのです。つわりがひどくなり始めたときにも発症してしまうことがあります。あまり不安な気持ちを抱えすぎないことです。

トラブルが起きたとき

切迫流産や切迫早産・前置胎盤などトラブルが起きて医師から案静止してくださいと告げられると急に不安な気持ちが大きくなり、マタニティブルーになってしまうことがあります。特に初めての妊娠は不安がつきものですから医師に安静にするように言われると自分の生活習慣が悪かったのだと自分を責めてしまいます。安静を指示されたら無理は禁物です。医師の指示通りに無理せずゆったりとして出産までを待ちましょう。

夫との関係性

夫の少しの態度の変化や言葉によって今までとは違う感覚を覚え、急に不安になりマタニティブルーを発症してしまう人もいます。男性にも初めて子供が出来父親になることへの不安があるのです。

妊娠後期

いよいよ妊娠時期も好機に差し掛かってくると出産を待つだけになります。この時期からマタニティブルーを発症してしまう人も多くいます。破水や陣痛への怖さや痛みへの恐怖のあまり出産を経験したくないと思う人もいます。

マタニティブルーの予防&対策

マタニティブルーの予防や不安な気持ちに襲われた時の対策について説明します。

不安な気持ちになりすぎない

誰だって初めての妊娠や出産には不安になるものです。不安な気持ちが大きくなりすぎるとマタニティブルーを発症してしまいます。妊娠期間を楽しむ気持ちを持ちましょう。家族や友人との時間を楽しむことで不安を軽減させるのです。一人で悩むと余計に不安が大きくなるので人に不安な気持ちを聞いてもらいましょう。

妊娠・出産について知識を増やす

妊娠や出産が初めてのばあい、不安が大きくなるのでインターネットや諸精機で徹底的に調べましょう。不安を感じるのはわからないことが多いからです。今は情報が発達しているので自宅に居ながらいろいろなことが手に取るようにわかります。手艇的に調べて不安を無くしていきましょう。

旦那さんと話し合いをする

子供を育てる種には経済的な負担も大きく家計にのしかかってきます。そのことで不安に感じてマタニティブルーに陥る人もいます。夫婦である旦那さんと話し合いをして経済的な不安を解消していきましょう。妊娠をしたことは将来についてじっくり話し合いをするのに良い機会です。話し合いをすることで夫婦の関係もより深まるでしょう。

無理しすぎない

妊娠をしたからいろいろやりたいことを制限される人もいるでしょう。行動などを制限されることでストレスを感じマタニティブルーになってしまう人もいます。1日限定で少し羽目を外しても良い日を作れば、出産まで頑張れるのではないでしょうか?たまには好きなことをしたり、大好きな甘いお菓子を制限なく食べてストレス解消をしてもいいでしょう。

我慢せずになく

どうしてもつらいことがあるのに我慢していると心にも体にも良くありません。時には思い切り泣いてみませんか?涙を流すことはストレス解消にもなると言われています。悲しいドラマや映画を見て涙をとことん流してストレス解消をするのもいいでしょう。

まとめ

妊娠、出産と初めての経験は誰でお不安を感じますし、大きなストレスも感じます。不安な気持ちが大きくなるのはホルモンの変化によるものなのでそれほど重大に考えることはありません。不安があるなら人に聞いてもらいましょう。また好きなことをしてストレスを発散するのもいいでしょう。ストレスをため込んで不安が大きくなることでマタニティブルーを助長してしまいます。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア