mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

261 views

自然分娩の出産後のケア

自然分娩を行った後の産後ケアはどのようなケアが行われるのでしょうか?
また自分でも体や子宮を元に戻すためにどのようなケアを行えばいいのでしょうか?

体を休める

出産は本当に大きな仕事ですから産後の体は疲れ切っています。しっかりと体を休めることが大切です。

分娩直後は

産後2時間は出血の危険性が高い時期です。体が急変することもあるので、落ち着くまでは、しばらく分娩室で過ごします。その間、子宮底の高さや子宮収縮状態の観察、悪露の量、性状、臭いなどの観察、後陣痛の有無、外陰部や会陰の創部の観察、血圧や熱など全身状態の観察がおこなわれます。赤ちゃんと初めて対面するのも分娩台の上です。分娩台の上で初回の授乳をおこないます。

部屋に戻ってから

出産後しばらくして体調に異常がなければ、病室に戻ります。体が疲れているのでベッドでゆっくりと休みます。しかしその後6時間ほどしたら看護師がトイレに行きましょうと呼びかけてきます。歩行を開始して徐々に体を慣らしていきます。

悪露が多いですが、入浴はできないので看護師が外陰部を洗ってくれたり、清潔なパットに取り換えてくれます。

産後の入院中のケア

産後1週間程度入院をして体を整えたり、赤ちゃんのお世話を学んでいきます。

清潔に

産後入院中は、数回医師の診察があります。医師や助産師の診察がおこなわれ異常がなければシャワーの許可が出ます。シャワーの許可がない時には看護師が外陰部の洗浄を行ってくれたりパットの交換をしてくれますが、シャワーを浴びることが出来るようになったら自分で清潔にします。悪露は徐々に減っていきますが、入院中はパットをしてトイレのたびに洗浄し、新しいパットに交換しましょう。

睡眠と休息を

入院中は授乳の時間がありますが、それ以外の時には体をしっかりと休ませましょう。まだまだ疲れが残っている状態ですから無理をしないようにしましょう。

授乳指導

経産婦なら一度経験しているので授乳のやり方を思い出すことが出来るでしょうが、初産婦は授乳など初めてのことばかりなので助産婦の指導があります。

赤ちゃんの抱き方を含めて授乳方法を指導してくれます。赤ちゃんが泣いたら授乳をするのですが、初めは母乳はそれほど出ませんが赤ちゃんに吸ってもらうことで分泌が徐々に増えてきます。また赤ちゃんに母乳を吸われることで子宮が収縮するので、子宮の回復にも授乳は良いのです。

骨盤のケアをする

出産で赤ちゃんは産道を通り抜けてきます。赤ちゃんのため、骨盤は主産時に開いた状態になります。主産後も骨盤は開いた状態ですから、徐々にもとに戻していかなければなりません。

骨盤ベルトをする

産後の骨盤が開いている状態の時に無理は禁物です。無理して動いたり重いものを持ち上げたり、足を組んだりすると骨盤がゆがんでしまいます。骨盤ベルトをして骨盤を正しい位置になるように締めて、整えていきましょう。骨盤ベルトを装着してもすぐに元に戻るわけではありません。最低でも2か月はもとに戻るまでに時間がかかります。このゆがみは血行を阻害して肥満を引き起こしたり、腰痛や背中の痛みの原因にもなりますから、骨盤矯正は出産後すぐから初めて、毎日行っていきましょう。

ガードルを着用

産後の健診で子宮の大きさが元に戻っている状態だと医師に言われたら、下半身を引き締めるためのガードルを着用しましょう。初めは大きなサイズでもすぐにガードルが緩くなっていきます。その都度自分に合ったガードルを着用して引き締めていきましょう。

骨盤体操を行う

骨盤を引き締めて元の位置に矯正するために骨盤体操を取り入れましょう。

骨盤を引き締めるスクワットがおすすめです。やり方は簡単です。まず、がに股になるようにひざを外側に向けて肩幅に足を開いて立ち、両手は腰に置きます。背筋を伸ばして息を吐きながら、腰をできるだけ下げます。次に息を吸いながら腰をゆっくりと上げ、最後はつま先立ちになります。これが一セットです。10回程度毎日繰り返せばいいでしょう。

まとめ

出産後の体は疲れ切っています。しばらくすると体は回復していきますが、まだ無理は禁物です。赤ちゃんのために母乳もどんどん作り出していくため、想像以上に体力が必要となります。産後の1ヶ月はゆっくり過ごしながら骨盤を引き締めていくことも忘れないようにしましょう。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア