mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

78 views

妊娠中の黒ずみはどこにできるの?

妊娠すると女性の体は色々と変化していきます。
毛が濃くなったり、シミが濃くなったり、さらには体のいろいろな部分に黒ずみもできてしまいます。
どうして黒ずみが出来てしまうのでしょうか?

脇の下やデリケートゾーン、乳首や乳輪の黒ずみ

脇の下やデリケートゾーン、乳首や乳輪が妊娠をすると黒ずみます。

脇の下やデリケートゾーン、乳首や乳輪の黒ずみの原因は

脇の下やデリケートゾーン、乳首や乳輪の黒ずみの原因は、妊娠によるホルモンの変化が原因です。妊娠20週くらいからエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンの分泌が急激に増加していくのですが、これらのホルモンはメラニン色素の色素細胞を刺激します。刺激されることで、肌内部のメラニン色素が増えます。これによって肌が黒ずみやすくなってしまうのです。色素沈着が起こりやすくなり、黒ずみやシミ、そばかすとなって現れてきます。脇の下やデリケートゾーン、乳首や乳輪にはメラニン色素がほかの部分に比べて多いので黒ずみやすいのです。妊娠中の女性ホルモンの増加によって、黒ずみやすくなるのは仕方のないことです。これは妊娠による一時的な変化であって、多くの場合、出産後、ホルモンバランスが元の状態に戻るのにともない徐々に薄くなります

脇の下やデリケートゾーン、乳首や乳輪のケア

ワキや乳首の黒ずみのケアはどうすればいいのでしょうか?

ビタミンC誘導体などの美白成分を配合した乳液やクリームを使用してケアをしていきましょう。黒ずみ専用のクリームやジェル、ピーリング剤を使用する方法もあります。

ターンオーバーを促す

肌のターンオーバーを促すことが出来れば黒ずみは徐々に薄くしていくことができるでしょう。脇の下やデリケートゾーン、乳首や乳輪、膝やくるぶし、肘にもどんどん妊娠中に使えるピーリングを塗り込みましょう。お肌のターンオーバーを活性化してくれるから、古い角質が落ちやすくなり黒ずみをケアできます。

お腹にできる黒ずみとおへその上下にできる正中線

お腹にできる黒ずみとおへその上下にできる正中線はかなり目立ちます。どうやってケアをしていけばいいのでしょうか?

生まれたときからある線

正中線は、男女関係なく産まれたときからある線です。

普段は肉眼で確認できないほど細い線なのですが、妊娠によりホルモンバランスが変化し、メラニン色素が色素沈着しやすくなるため、正中線が目立つようになります。妊娠中にシミやそばかすが増えたり、乳首や外陰部などが黒ずんだりするのと同じ理由で濃く目立つようになるのです。

妊娠線とは違う

正中線を妊娠線と間違える人もいますが、まったく別のものです。正中線はメラニン色素が増えることで現れますが、妊娠線はお腹が急激に大きくなってできた皮膚の組織の裂け目です。正中線は出産後にホルモンバランスが元に戻るにつれて、徐々に薄くなって目立たなくなります。

黒ずみの正しケア方法

黒ずみの正しケア方法を把握しておきましょう。

クリームで保湿

保湿が足りない状態では、古い角質やメラニンがいつまでも肌に残ってしまうことになるので、こまめに水分を補給してターンオーバーのサイクルを正常にしていきましょう。そうすることで黒ずみを少しずつ改善していくことが出来ます。お風呂上がりの肌は乾燥しやすいのですぐにクリームを塗りましょう。クリームの下に化粧水を塗ってあげるとよりうるおいが保たれやすくなります。

クリームの塗り方

クリームを塗る時は、できるだけ優しく、ゴシゴシこすらないようにしましょう。こするのではなく上から抑え込むように塗っていくのがコツです。塗る前にクリームを手のひらで十分に温めておくと伸びが良く、使いやすくなります。

体を温める

血行が悪いと体に必要な酸素や栄養素が運ばれにくくなり、全身が冷えてターンオーバーのサイクルに影響が出ます。お風呂に入るときはシャワーだけではなくしっかりと湯船に浸かりましょう。湯船に浸かることで全身の血行が良くなるので、血液の循環も良くなります。

まとめ

妊娠中にはいろいろな個所が黒ずみます。妊娠中、出産後のおきる黒ずみのトラブルは体のホルモンバランスが整えば徐々に治っていきますから、それほど心配することはありません。どうしても早く黒ずみをケアしたいのであれば、クリームを塗ったりして保湿を行い、肌のターンオーバーを促すようにしましょう。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア