mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

79 views

7歳児はみんな反抗期?

7歳くらいになると親に対して反抗するようになってきます。
これは成長の一過程です。素直なまま親の言うことを聞くいい子のままで大きくなっていくわけではありません。
反抗的な態度がとれるほど成長することが出来ている証です。

7歳児の反抗期の特徴

7歳児のなると多かれ少なかれ版恋鵜的な態度を示し始めます。少し早い時期に反抗的な態度を出す子もいますが、7歳前後にはどの子も反抗期に突入するのです。

うるさいなどと言うように

それまで素直で親の言うことを聞いていたのに、7歳ごろになると突然「うるさい」「もういい」などと反抗的な態度や言葉を言うようになってきます。どの子供もだいたい、小学校に入るとこの症状が出てきます。「自分でやる、黙っていて」、「うるさい」、「キライ」などと親の気持ちをイラつかせるような言葉を発するのです。

誰もが通る道

7歳ごろに起こる反抗期は思春期の反抗期と比べるとかわいいものです。しかし、それまで素直ないい子だったわが子が反抗的な態度や汚い言葉を使うようになると、親としたらかんしいですし、何とかしなければならないと思うでしょう。しかし自分の7歳ころを思い出してみてください。親に反抗的な態度をとったことがあるでしょう。これは誰でも通る道なのです。

自主性が芽生える

7歳のころになると自主性が芽生えるようになります。それによって反抗的な態度をするようになるのです。

子供の精神的な自立

7歳のころの子供は自主性が芽生えます。そのために反抗的な態度が親に向かう子も言えばお友達に対して向かう子もいます。

例えば早くお風呂にはいりなさいと言えばこのころの子供は「今本を読んでいるからあとで」というでしょう。「後で読めばいいじゃない、早くお風呂入って」というと「おかあさんだって入ってないでしょ、ちょうどいいとこなの」などと屁理屈を行ってきます。何度も言うと子供は切れて「お母さんの言葉は本当に腹が立つ」などと言う言葉を残してやっとお風呂に入るでしょう。

イライラする口答えに親はカチンとするでしょうが、反抗をするのは子供が精神的にも自立している証拠なのです。

反抗期の子供の接し方について

反抗期の子供との接し方について説明します。

話をしっかり聞く

子供と話をしていたらイライラしますし、カチンとくる言葉を発せられる場合もあるでしょう。しかしその時に無視をしたり、感情のまま怒っても解決には美足りません。まずは子供の話を聞いてあげましょう。この時期の子供は自分の考え方を持つようになります。

それを身近な人に話したくて仕方ないのです。忙しくても子供の話はきちんと真剣に聞くべきなのです。

自主性を尊重する

子供が何かと反抗してくるのでつい叱りたくなる気持ちもわかりますが、子供の自主性を尊重しましょう。つい言ってしまう言葉が「宿題をしなさい」ではないでしょうか?でも宿題をしなさいと言われて素直に宿題をする子供はなかなかいません。「~しなさい」という命令口調のいい方ではなくて、「何時になったら宿題をするの?」などと問いかけ、子ども自身に決めさせる方向にもっていきましょう。子供の自主性を尊重することが大切なのです。否定的な言葉で口答えされた時は、頭ごなしに叱るのではなく「そんなことを言われたらママは傷つくよ」「悲しいね」などといった言葉を使いましょう。そうすると子供は自分の言葉が相手を傷つけることがあると気が付き始めますから、徐々に親の言うことも聞くようになります。

まとめ

3歳~6歳

これまで甘えてばかりいた子供や素直に言うことを聞いていた子供が反抗し始めると、寂しい気持ちになってしまうでしょう。その反動で子どもを強く叱ったり叩いたりして、自分の言いなりにさせようとしがちですが、これは逆効果です。反抗期は子どもが成長している証ですし、子供も親を怒らせるために反抗期に突入しているわけではありません。成長の一環なのですから温かい目で見守ってあげましょう。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア