mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

110 views

妊娠線の予防方法

妊婦さんが抱える悩みの一つに妊娠線があります。
妊娠線は一度できたらなかなか消すことが難しいので、できるなら絶対に作りたくないと思うでしょう。
妊娠すると誰もが妊娠線が出来るわけではありません。
しっかりと正しいケアをすれば予防をすることが出来るのです。

妊娠線を予防する

妊娠線を作らないようにするにはどうすればいいのでしょうか?

太りすぎないようにする

妊娠をすると体が出産に備えて脂肪をため込んでいきます。また妊娠前と同じように動くことが出来ないので太りやすくなってしまいます。妊娠線を予防するためには、太りすぎないことを心がけましょう。

体重が増えることにより妊娠線ができる確率はどうしても大きくなります。びぃういんでも太りすぎないように指導があります。これは妊娠線予防ではなく、出産が少しでも楽になるように、産道に脂肪がついて赤ちゃんに負担がかからないようにするためでもあります。

まったく体重が増えないということは無理ですが、医師の指導している増減をしっかり守れば体重の急激な増加を防げますから、妊娠線の予防にもつながるでしょう。太りすぎているかもと思った時には食事の内容を見直しましょう。食事の内容を見直してみたり、軽い運動を取り入れてみると、より効果的に急激な体重の増加を防ぐことができます。

散歩をする

妊娠をすると激しい運動はできません。しかし程度な運動は妊婦さんにもできますし、健康のためにもお勧めです。マタニティースイミングに通って運動をするのもいいでしょう。ウォーキングであれば自分のペースで運動が出来ますからお勧めです。

スキンケアをして予防する

妊娠線はスキンケアを行うことで防ぐことが出来ます。

妊娠線予防専門のクリーム

妊娠線予防専門のクリームやジェル、オイルが売られています。妊娠をしてお腹が大きくなる前から使いましょう。妊娠が分かったころはまだお腹は小さいでしょうが、そのころからスキンケアを始めることで妊娠線を予防しましょう。

保水と保湿

妊娠中の肌を外側からケアをしてあげましょう。膚は外側からケアしてあげることで一定の保水効果を期待でき、柔軟さを保つことができます。肌の状態がよければ、ターンオーバーも正常に行われますし、少しくらいのダメージを跳ね返すことが出来ます。また、クリームなどを肌に塗るだけではなくマッサージを行いながら塗っていきましょう。適度なマッサージを施すことで、血の巡りが良くなり、妊娠線の予防効果が上がります。

妊娠線予防クリームの選び方

妊娠線予防クリームには色井里緒奈タイプのものが販売されています。どれを購入すれば一番効果があるのかと悩んでしまうでしょう。おススメの妊娠線予防クリームの選び方を紹介します。

伸びが良いもの

妊娠線予防クリームを使って肌をお手入れするときは、入浴後の血液循環が良くなった状態でおこなうのが理想的です。お風呂上りにすぐに塗っていくので肌になじみやすい方が使いやすいです。

肌に浸透しやすいもの

肌に浸透しやすいクリームを選びましょう。せっかく購入しても肌への浸透が悪ければ保湿がうまくいきませんから、妊娠線ができやすくなってしまいます。口コミなどを見て肌への浸透性が高いものを選びましょう。

不純なものが入っていないものを

使用されている成分などもより不純物の含まれていない、オーガニックに近いものを使うのがいいでしょう。やはり敏感な妊娠時期に使うものですから体に優しいものが入っているクリームを使いましょう。

まとめ

妊娠後期(8ヵ月目~)

一度できたら簡単には消えない頑固な妊娠線ですから、妊娠線を予防するためにスキンケアとともにその他の予防法を合わせて実践していきましょう。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア