mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

82 views

妊娠中のインフルエンザの影響とは?

インフルエンザが流行する時期になり、周囲にインフルエンザに感染した人がいると感染しやすくなってしまいます。
妊娠中にはインフルエンザにかからないように気を付けましょう。
妊娠中にインフルエンザに感染してしまうとどのような影響があるのでしょうか?
胎児に影響のない治療方法や薬はあるのでしょうか?

インフルエンザに感染するとどうなる?

妊娠中にインフルエンザに感染するとどうなるのでしょうか?

もしかしてインフルエンザ?

毎年寒い時期になると、インフルエンザが流行し始めます。妊娠中は妊娠していない人に比べて免疫力が低下しますから、流行している時期はインフルエンザに感染しやすくなりますし、感染後には重症化のリスクが高くなってしまい、最悪のケースだと死にいたることが考えられます。インフルエンザは風邪とは違い、症状が急に現れます。風邪は、鼻や喉から始まり、比較的ゆっくりと発熱に発展します。

インフルエンザは、急に高熱や、全身がだるくなるという症状が出ます。急に高熱が出る場合は、すぐにかかりつけの病院へ連絡しましょう。インフルエンザにかかると肺炎や気管支炎、インフルエンザ脳症など重症化しやすい傾向にあります。感染すると、入院が必要となる場合もあります。

発症してから48時間以内に病院へ

妊娠中は免疫が低下しているので重症化しやすい状態です。WHO(世界保健機関)によると、妊娠28週以降の妊婦がインフルエンザに感染してしまうと重症化するといわれています。おかしいと感じたら早めに医療機関を受診しましょう。万が一感染してしまった場合は、発症してから48時間以内に抗インフルエンザ薬を投与すれば重症化を抑えることができます。

胎児への影響

インフルエンザに妊娠中にかかってしまうと一番気がかりなのがおなかの赤ちゃんに影響があるかどうかという点でしょう。胎盤を通じてダイレクトにインフルエンザウイルスが赤ちゃんに影響を及ぼすことは、ほぼないと報告されています。しかしインフルエンザの高熱が長く続くことで流産や早産のリスクも高まるので全く影響がないとは言い切れません。

妊娠中に感染したインフルエンザの治療について

インフルエンザの治療について説明します。

薬の服用

インフルエンザの治療薬として知られている薬がタミフルやリレンザです。タミフルやリレンザといった薬は、服用しても胎児への影響はありませんから安心して服用してください。

インフルエンザの疑いがある場合は、自己判断で市販の薬を服用してはいけません。

妊娠中に市販の薬を服用すると、胎児へ悪影響を与える成分が入っている可能性がありますから、必ず医療機関を受診して薬を処方してもらいましょう。

薬の服用は時間制限がある

タミフルは発症から48時間以内に投与しないと効き目がないため、投与が遅れると重症化する確率が高まるので気を付けましょう。

予防法について

冬になると毎年インフルエンザが流行ります。インフルエンザに感染しないためにも予防法を頭に入れておきましょう。

マスク着用

発症していないけど、既にインフルエンザに感染している人でも外を出歩いている可能性は高いです。冬場のインフルエンザがはやっているときには必要最低限以上外出しないようにしましょう。仕事や買い物、妊婦検診など外出が必要な時は、マスクを着用してインフルエンザから身を守りましょう。

手洗いやうがい

外出先から帰宅した後は手についたウイルスなどを洗い流すためにもしっかりと手洗いをしましょう。さらにうがいをすることも必要です。インフルエンザウイルスは、寒くて乾燥した環境を好んで活発化します。ウイルスを撃退するには乾燥対策を行いましょう。江暖房器具を使っている室内は乾燥しやすいので加湿器を利用しましょう。

バランスの良い食事

体を健康にするためには毎日バランスの良い食事をとることが大切です。体を温めてウイルスを撃退し、免疫力をアップさせるような食べ物を食事にバランスよく取り入れることが大切です。ウイルスを撃退するビタミンDを得るにはさんまなどの魚や干し椎茸などのきのこ類がおすすめです。免疫力を強化するにはビタミンAやC、Eですから、にんじんやかぼちゃなどの緑黄色野菜、キウイやいちごなどの果物やブロッコリーなどの野菜、ごまやアーモンドなどに多く含まれます。免疫細胞を活性化させる乳酸菌は、ヨーグルトやキムチ、納豆などの発酵食品です。さらに、体を温め体温をあげることでウイルスに侵入を防ぐ食品は、しょうがやにら、にんにくや唐辛子などです。毎日の食事にバランスよく取り入れて健康な体を作っていきましょう。

適度な運動

体を動かすことにより、体内の血流がスムーズになり体が温まります。免疫細胞が血流にのって全身に行き渡り、外部から侵入したウイルスなどをいち早く撃退する働きもあるので、無理のない範囲で運動をしましょう。

予防接種

予防接種に用いられるのは、病原体を一度体に毒のない状態にした不活性タイプのワクチンです。そのため、妊婦さんが接種しても流産や胎児の先天性異常といった副作用が起こるということはありません。

まとめ

妊娠中にインフルエンザにかかってしまうと免疫力が普段よりも低下している状態の妊婦さんは重症化しやすいリスクがあります。インフルエンザに感染しないようにできるだけ外出は控えましょう。幹線を防ぐために手洗い、うがい、マスクの着用も効果的です。予防接種をあらかじめ受けておくこともいいでしょう。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア