mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

339 views

妊娠前に病院で検査してもらう事は?

不妊・不妊治療

不妊・不妊治療

妊娠をして健康な赤ちゃんを産むためには母体が健康であることが重要です。
そのためにも妊娠を希望する前に妊娠がスムーズに行えるからだかどうかを検査しておきましょう。
妊娠前に病院で行う検査について説明します。

妊娠前に病院で受けておきたい婦人科検査

何らかの病気が疑われ、妊娠の継続が難しいパターンや、母子どちらかの命が危険にさらされてしまうような状況になる可能性があります。妊娠する前に異常がないかどうかを把握しておきましょう。妊娠前に病院で受けておきたい検査について説明します。

乳がん検査

20代の女性は乳腺が発達している為、マンモフラフィーでは乳がんを見つけにくいといわれています。ですから、20代の女性はエコー検査を選択するようにしましょう。30代以上の女性は、エコー検査とマンモグラフィー検査を合わせて受けることをオススメします。

子宮ガン検査

内診台に座り、子宮頚部や膣の内部に異常が見られないか調べます。子宮ガン検査の際は、内診がありますのでショーツを脱ぐ事になりますから、着脱のしやすい服装で行きましょう。

血液検査

血液検査を行えばエイズ、B型・C型肝炎、梅毒などの感染症、風疹の抗体などが分かります。これらの検査で異常が見つかった場合には、治療の必要性や妊娠可能時期などを医師と相談しましょう。

妊娠前に受けておきたい婦人科以外の検査

妊娠前から持病がある人は妊娠・出産、産後の育児が可能かどうか、妊娠できる時期や妊娠時の注意について相談することが必要ですし、妊娠出産の際にリスクとなる病気の抗体を持っていないのであれば予防接種を行っておきましょう。

おたふく・水疱瘡・風疹の検査

おたふく・水疱瘡・風疹の抗体があるかどうかを調べましょう。特に風疹は妊娠中にかかってしまうとおなかの中の赤ちゃんが「先天性風疹症候群」という病気にかかってしまう可能性がありますから注意が必要です。

抗体がない場合、予防接種を受ければ感染を防ぐことができます。成人になってからこうした感染症にかかると重症化しやすくなりますので交代がないものに関しては予防接種を受けましょう。

歯の検査

妊娠中に虫歯の治療をしてはいけないということはありませんが、妊娠中はつわりがありますから口の中を見てもらうことで余計に気分が悪くなる場合があります。またお腹が大きくなるので、診療台に体を預けることが難しい場合もあるでしょう。妊娠を希望している方は、妊娠前に虫歯の治療をすませておく事をおすすめします。

心臓の病気

心臓の持病があるなら医師のもとに行きし妊娠出産が可能かどうかの検査を受けましょう。心疾患の程度によって、妊娠・出産が可能かどうかが専門的に判断されます。心臓に持病がある場合、妊娠後期にはせり出したおなかに心臓が圧迫され、血液の循環が悪くなるため、胎児に酸素や栄養が十分に行き渡らず早産や死産になりやすいというリスクがあるのです。

腎臓の障害

腎臓に障害がある場合胎児に栄養と酸素が十分供給されにくくなるため、胎児の発達遅延、流産、早産、胎児死亡に結びつくことがあります。妊娠中は塩分、タンパク質の摂り過ぎに注意し、低カロリーの食事に努めなければなりません。

糖尿病

妊娠前から糖尿病がある場合、羊水過多や早産、胎児死亡が起こりやすくなります。軽症の場合には巨大児になりやすく、重症の場合には未熟児になりやすい傾向があります。

ぜんそく

妊娠中に発作が起きたときに、一般的なぜんそくの治療を行っても胎児に悪影響はありません。しかし、ぜんそくがあることで、風邪をひいたら発作が起きやすいのです。

心の病気

心の病気がある場合、妊娠中は薬の量や種類が制限されるため、精神科の主治医とよく相談した上で妊娠できる時期を決める必要があります。

性感染症の検査について

妊娠前には病院で性感染症に感染していないか検査しておきましょう。

クラミジア

クラミジアは不妊や子宮外妊娠の原因にもなっているので、妊娠前に検査をしておきましょう。10代から20代の若者、特に女性に感染者が多いとされています。日本国内には100万人以上も保菌者(感染しても症状が出ない)がいて、女性の比率が高いです。

淋病

淋菌という細菌による性感染症のことを指す病名で、 代表的な感染症のひとつです。クラミジア感染症の次に多い性感染症ですから検査をしておきましょう。

性器ヘルペス

性器ヘルペスに感染しているのであれば妊娠するまでに治しておくべきです。出産までに治しておかないと、赤ちゃんに産道感染します。

梅毒、C型肝炎、エイズなどは

梅毒、C型肝炎、エイズなどは妊娠初期に病院で検査を行いますので、慌てて検査を行う必要はありませんが心配があるなら検査を行っておけばいいでしょう。

まとめ

無事に妊娠期間を過ごし出産をおこなえるかどうかを確認するためにも検査を行いましょう。異常が見つかれば早めに治療を行うことで妊娠をすることが可能となります。適切な検査や治療を受けずに出産し赤ちゃんへ影響があることが一番怖いのです。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア