mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

235 views

妊娠前にアルコールは飲んでもいい?

妊娠したらお酒は止めるでしょうが、妊娠前にはアルコールは飲んでもいいのでしょうか?
妊娠を望んでいるのであればいつごろからアルコールを控えるべきなのでしょうか?

お酒は赤ちゃんにリスクがある?

妊娠前に飲酒の習慣がある人は妊娠したからと言ってなかなかお酒を飲むことを止められない場合もあるでしょう。妊娠をするとお酒を控えるように言われますが、本当にお酒は一滴も飲んではダメなのでしょうか?お酒は赤ちゃんにどのような影響を及ぼすのでしょうか?

お酒が赤ちゃんに及ぼす影響

「いつからこれ以上飲むと、こういった症状が起こる」というはっきりとしたことはわかっていませんが、様々な研究の結果、妊婦がお酒を飲むと、目が小さい、鼻が低い、頭が小さい、上唇が薄い、鼻の溝が浅い、鼻筋が低い、鼻が低い、平たい顔つきになる、目頭に蒙古襞がみられることなどが起こる可能性があることが分かっています。

お酒を飲むと赤ちゃんに影響が出るしくみについて

妊婦がお酒を飲むと妊婦の血液に含まれるアルコール濃度が高くなります。赤ちゃんは胎盤を通して血液中に含まれる栄養や酸素を母親からもらっているので、その結果血液中にあるアルコールも赤ちゃんが吸収してしまうのです。このような仕組みで胎児もアルコールの影響をもろに受けてべろべろになってしまうのです。

お腹の赤ちゃんがアルコールを排出するのにかかる時間が母体の2倍もかかる

大人であればアルコールが体内に入ってきても血液にアルコールが含まれると肝臓でアルコールを分解することが出来ます。赤ちゃんは肝臓の機能が未発達なため、アルコールを分解できず長時間体内に残ってしまうのです。大人と同じようにアルコールを排出できるどころか、大人よりも大きな影響を受けてしまいます。アルコールを排出するのにかかる時間が母体の2倍もかかると考えられています。

妊娠中にどれぐらいの量のお酒を飲むと赤ちゃんに影響が出る?

妊婦がどれぐらいお酒を飲むと赤ちゃんに悪影響が出てくるのでしょうか?

アルコールの毎日の摂取はリスクが高い

毎晩ビールを大瓶3本以上飲むと、発育不良や胎児性アルコール症候群になる可能性が高くなると言われています。少量でも毎日飲むと、胎児の中枢神経に影響がでる可能性があります。たまにコップ1~2杯飲むぐらいであれば問題ないと考えられていますし、海外では完全にアルコールを禁止していないところもあります。しかし、日本においてはアルコールが赤ちゃんに及ぼすリスクは高いと考えているので妊婦は飲酒をすべきではないという考え方が広まっているのです。

個人差が大きい

アルコールによる影響は個人差が非常に大きいです。少量の飲酒でも赤ちゃんに奇形が表れてしまう人もいますし、大目に飲んでいても何の異常も現れない人もいるのです。「この量なら絶対大丈夫!」という基準がないのです。

妊娠前にアルコールを摂取した場合

妊娠に気づく前にアルコールを摂取している場合、赤ちゃんにどのような影響があるのでしょうか?

妊娠前の飲酒について

妊娠超初期はまだ胎盤ができておらず、母体から胎児へ栄養が送られていないため、妊娠超初期の飲酒は胎児への影響はほぼないと考えられます。そのため妊娠をしていることが分からずにアルコールを飲んでしまっても赤ちゃんに影響はないと考えて問題はありません。

妊娠が気づくのが遅れてしまったら

妊娠前にアルコールを飲酒していても赤ちゃんには問題はないと言っても、生理が1か月遅れたことで妊娠を疑って産婦人科に行き、妊娠が判明したのであればまだ赤ちゃんは妊娠超初期ですから、それほど問題ではありませんが、妊娠に気づくのをずいぶん遅れてしまったら、赤ちゃんの器官の形成が始まる重要な期間と重なってくるかもしれません。妊娠するかもしれないということがあった場合や、妊娠を望んでいる場合にはアルコールは控えた方がいいでしょう。

まとめ

不妊・不妊治療

お酒が赤ちゃんに影響を及ぼす量や期間ははっきりわかっていませんが、妊娠初期から赤ちゃんに影響が出てしまう可能性はあります。元気で健康な赤ちゃんを産みたいと願っているのであれば、妊娠中はもとより妊娠前からお酒は控えた方がいいです。万が一赤ちゃんに何か影響があったときに後悔しないためにもお酒は止めた方がいいでしょう。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア