mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

271 views

妊活中に摂った方がよいサプリ

妊娠をしたいのであれば積極的に取ったほうが良いサプリメントがあります。
妊娠前~妊娠初期の母体は、赤ちゃんを作るための細胞分裂が活発に行われるため、妊婦さんは通常の約2倍近くの葉酸が消費されると言われていますから、妊娠前から妊娠時かけては積極的に葉酸サプリを取った方がいいのです。

妊活中から葉酸サプリを取ろう

妊娠時は赤ちゃんを作るため通常の2倍の葉酸が消費されます。妊娠前の妊活中から継続して葉酸を取ることが望ましいのです。

葉酸について

葉酸とは、ビタミンB群に属する水溶性ビタミンのひとつです。主に野菜や果物に含まれており、体内の赤血球や細胞をつくりだすはたらきに大きく関わっています。妊娠中の「胎児の成長」に欠かせない栄養素のひとつでもあります。人間は自身で葉酸を合成することができませんので、食物から葉酸を摂取することになります。葉酸は新鮮な緑黄色野菜や果実および肝や乳製品などに多く含まれています。しかし、葉酸は熱に弱く、加熱調理することで直ぐに分解されてしまう性質となっています

妊娠・妊活中に必要

成人において、葉酸が1日必要な量は50~100μgとなっており、体内に貯蔵できる量は5~10mgとなっています。ダイエットや食事制限などにより、摂取不良が起こると数か月で葉酸欠乏症となってしまいます。葉酸が不足することで、発育や妊娠、基礎疾患の状況と合併して葉酸の1日必要量はさらに数倍に増加して欠乏症を生じやすい体質となってしまいます。葉酸の必要量は約1日50~100μgとなっていますが、摂取量がこの1/10以下になると約4か月で葉酸が欠乏してしまいます。葉酸が不足した状態となると、細胞内でのDNA合成が阻害されることになり、巨赤芽球性貧血を発症する危険性があります。巨赤芽球性貧血は、ビタミンB12欠乏による悪性貧血の症状と類似しおり、多発性神経炎や亜急性脊髄連合変性症を伴う症例があります。

葉酸の需要が急増する妊娠は、特に葉酸欠乏症に注意が必要となります。胎児の成長には葉酸が必要不可欠なため、妊娠中のお母さんは子どもの分の葉酸も摂取する必要があります。葉酸には、赤ちゃんに起きる「神経管閉鎖症」などといった先天性異常の発症率を減少させる効果がありますし、妊娠中に400μgの葉酸を摂取すると、神経管閉鎖症の発症率が7割も減少することもわかっています。厚生労働省も1日400μgの葉酸を摂取することを推奨しているのです。

さらに葉酸には、妊娠中に低下した母体の免疫力を高めてくれる効果があります。妊娠中のお母さんは免疫力が低下してしまうため、風邪やインフルエンザにかかりやすくなりがちですが、葉酸を摂取することで病気になるリスクを低くすることが出来るのです。積極的に葉酸を摂取するようにした方がいいのです。

葉酸を摂取するときのポイント

葉酸は、不足しがちだからといって「ただたくさん摂ればいい」というわけではありません。厚生労働省では胎児への神経管閉鎖障害のリスクの低減を図ることを目的として、妊娠可能女性の場合、受胎前後の3カ月以上の間プテロイルモノグルタミン酸400μg/日以上、食事性葉酸として800μg/日以上の摂取を勧めています。胎児奇形の一例である口唇・口蓋裂や先天性の心疾患などのリスクについても低減が期待されています。
一般的にプテロイルモノグルタミン酸400μg/日以上、食事性葉酸として800μg/日以上の摂取することは、葉酸が熱により分解されてしまう性質から食事のみで葉酸を摂取することは非常に困難となります。葉酸を手軽に摂取できる葉酸サプリは便利ですが、葉酸サプリメントの選び方には特に気を使わなくてはなりません。生まれてくる赤ちゃんの為にも含有量や成分には特に注意したいものです。

葉酸のサプリメントを飲むタイミング

妊娠最初期の最も葉酸が必要なタイミングに十分な量を摂取できないと胎児の神経管閉鎖障害のリスクを高めてしまいます。葉酸を摂取するためには葉酸サプリメントは妊活中から飲み始め、出産が終わるまで継続的に摂取するようにするとよいでしょう。

400μgの葉酸が摂取できること

葉酸を手軽に摂取するには葉酸サプリが便利です。厚生労働省が推奨している1日あたりのサプリメントからの葉酸摂取量は400μgです。妊娠初期は不足しないように推奨量の葉酸摂取ができるものを選ぶことがコツです。

無添加であること

葉酸サプリメントの中にも、食品添加物が多く含まれているものがあります。食品添加物は基本、安全なものですが、身体にとってはなるべく摂取したくないものです。保存料や香料や甘味料などが葉酸サプリに含まれているということは、毎日摂取することになり、体にもよくありませんし生まれてくる赤ちゃんにも良くありませんから無添加のものを選びましょう。

お勧めの葉酸サプリメントを紹介

お勧めの葉酸サプリメントを紹介します。

ベルタ葉酸サプリ

天然酵母由来のモノグルタミン酸の葉酸サプリです。全ての項目をクリアし唯一、一定の規格基準の栄養をクリアした製品の証明である栄養機能食品の表示がされています。妊娠中に必要な栄養素や美容成分が全て補え、妊娠時の過剰摂取に気を付けたいビタミンAやDなど脂溶性ビタミンの種類や配合もあるので、安心して飲むことが出来ます。

はぐくみ葉酸

無農薬のオーガニックレモンから抽出されたモノグルタミン酸の葉酸サプリです。他の製品と比べ、赤ちゃんにも不可欠な亜鉛やマグネシウムなどのミネラルがバランスよく含まれている点が特徴です。つわり予防作用が期待できるビタミンB6も配合されています。

ララリパブリック

海外でも人気を得ている葉酸サプリで余計な添加物は一切使用していません。良い点は価格が安いこと、お得な定期購入がいつでも解約できることがあげられます。多少ニオイが気になるというママさんもいる為、食べつわりや匂いつわりがある方には飲みづらさがあるかも知れません。

AFC葉酸サプリ

酵母由来のモノグルタミン酸の葉酸サプリです。安全で、比較的安心して飲める葉酸サプリといえます。

みんなの葉酸

妊活中・妊娠中・産後…と葉酸は時期により飲む量が違います。そんな葉酸量や栄養成分のバランスが考慮されているのがマザーリーフの「みんなの葉酸」です。葉酸量は400μg・240μg・100μgの3パターン用意されており、パターン変更も容易で便利です。

まとめ

妊活中は葉酸を摂取した方がいいので葉酸サプリを積極的に摂取していきましょう。葉酸を摂取していると流産にもなりにくいですし、元気な赤ちゃんを産むためにもプラスに働きます。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア