mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

70 views

妊娠中のインフルエンザ予防接種は大丈夫?

妊娠中は体力が低下しやすく、風邪をはじめとする感染症にかかりやすくなります。
冬場になる血毎年流行をするのがインフルエンザです。
妊婦中の場合は、インフルエンザの予防接種をしても大丈夫なのでしょうか?

インフルエンザ予防接種をすることについて

不妊・不妊治療

妊婦さんがインフルエンザの予防接種を行うことのメリットについて紹介します。

インフルエンザ予防接種は妊娠中に受けても大丈夫?

赤ちゃんに悪影響が出たという報告はなく、流産・奇形の危険性が高まるという研究結果もないため妊娠初期も含め全妊娠期間においてワクチン接種希望の妊婦さんに接種することが出来ます。ただし、妊娠初期は自然流産の起こりやすい時期でもあることから避けたほうが良いとする意見もあります。接種する場合は接種予定の医師に予め確認をしておきましょう。また、乳児は生後6カ月までインフルエンザの予防接種を受けることができないが、母親が受ければ胎内でインフルエンザ抗体を受け取ることができ、直接ワクチンを接種できる月齢になるまで保護することもできるのです。

インフルエンザに感染すると重篤化する可能性がある

妊娠中インフルエンザに感染すると重篤化しやすいのです。妊娠をすると免疫力が低下し通常のおよそ1/3から半分しか機能しないと言われています。さらに、赤ちゃんが大きくなるにつれて、肺が押し上げられて圧迫されていきます。心臓も妊娠中は普段の1.5倍も働いているため、負担がかかっている状態なので、肺や心臓に負担がかかっています。インフルエンザにかかってしまうと通常はインフルエンザの特効薬であるタミフルやリレンザを使いますが、妊娠中であれば赤ちゃんへの影響を考慮して薬もなかなか使えないため治るまで時間がかかってしまいます。このことから考えてもインフルエンザの予防接種を行っていくことは重篤化させないためにも必要なのです。

母子への影響は本当に無いのか

妊娠中にインフルエンザの予防接種を受けても本当に母子への影響はないのでしょうか?

インフルエンザの予防接種には不活性ワクチンを使用

現在、妊娠中にインフルエンザの予防接種による特別な副作用・副反応の報告はないようです。インフルエンザの予防接種には、不活性ワクチンが使われています。これは、ウィルス自体は死滅させているので、予防接種を受けたからと言って、インフルエンザは発症しません。赤ちゃんへ、何か影響がある訳ではないのです。

予防接種後に妊娠がわかった

予防接種後すぐに妊娠がわかっても、アレルギーや疾患が無い場合、お腹の赤ちゃんにワクチンが悪影響を及ぼしている可能性はとても低いと考えてください。母体に抗体ができるだけです。

妊娠前の予防接種

これから妊娠を望んでいる方は妊娠前に予防接種を済ませることをお勧めします。妊娠前に予防接種をしておけば、妊婦になった時にインフルエンザの抗体が効果を発揮して感染予防ができます。

インフルエンザ対策の時期

インフルエンザの予防接種はいつ頃受けるといいのでしょうか?

インフルエンザの予防接種を行う時期は

インフルエンザワクチンの効果は、接種から2~4週間で確実に発揮します。流行してからの接種だと、せっかくの効果が間に合わない場合もあるので11月には予防接種を済ませておくと安心です。ワクチンの接種回数は、通常の成人の接種回数と同じく1回です。予防接種の効果の持続期間については個人差がありますが、おおよそ3~4ヶ月となっています。

妊婦の予防接種はどこで受ければいい?

予防接種を希望する場合は必ず、かかりつけの産婦人科医に相談しましょう。かかりつけの産婦人科が予防接種を行っていない場合は、市町村が提供するリストから予防接種を行っている医療機関を探し、問い合わせてみましょう。風邪をひいている、風邪気味の場合は、接種が可能かどうか医師と相談する必要があるので、その旨申し出てください。インフルエンザの予防接種は、高齢者など一部の方を除いて保険の適用外です。自由診療になるため、病院によって価格は異なりますが、大人の場合相場は2000~4000円となっています。

家庭まるごとでインフルエンザ対策を

インフルエンザの予防接種を受けたから毛インフルエンザに感染しないとは言えません。インフルエンザウイルスは感染力が強いので、家族から感染することも十分考えられます。妊婦自身のインフルエンザ対策というよりも、家庭まるごとでインフルエンザ対策を徹底するように考えましょう。マスクを使用したり人ごみを避ける、体力をつける等普段の生活で予防策を心掛けましょう。

まとめ

インフルエンザに妊婦さんが感染してしまうと体力や免疫力が低下していることから重篤化しやすい傾向にあります。予防接種の僅かなリスクより、妊婦がインフルエンザにかかるリスクのほうが重篤だと考えからも、予防接種を勧める先生が多くいます。自分の身だけではなく赤ちゃんの身にも危険となりうるインフルエンザなどの流行病はとても厄介なものです。予防接種は、妊娠中の女性だけでなく、生まれてくる子どもも守ることができるのです。

インフルエンザウイルスの好む環境は、33度くらいの乾燥した場所といわれています。

喉は呼吸による空気の移動で、体温よりやや低い温度となっていて、インフルエンザウイルスが’住みやすい環境になっています。喉のケアには特に注意してください。寒くなり、体調を崩しやすくなる時期、ご自身と赤ちゃんの健康を守ることはとても大変なことです。体調不良は早期対応がカギになります。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア