mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

116 views

不妊治療中に気をつけた方がいい薬

不妊治療中であれば体調を崩しても薬を飲まずに我慢をした方がいのでしょうか?気を付けるべき薬はあるのでしょうか?

不妊治療中に薬を飲むときには医師に相談を

不妊・不妊治療

不妊治療中に薬を飲むときにはまずは医師に相談をしてから飲むようにしましょう。

薬の摂取は医師の指示通りに

不妊治療中は必ず、薬を摂取するときは医師の指示通りに服用しましょう。服用後すぐに妊娠して胎児に影響が出てしまわないように薬の摂取は自分勝手な判断はせず医師の指示を必ず仰がなくてはいけません。

市販薬は飲んでもいいの?

「まだ妊娠していないとはっきりとわかっている場合」は、市販の風邪薬や花粉症の薬など普段通りに摂取しても大丈夫です。痛み止めなども普通に問題ありません。体の調子が悪い場合、体調が悪化するよりも、妊活中は無理せずに市販薬を飲んで体調を整えたほうがいいのです。

持病がある場合

持病などがあって、病院で処方された薬を摂取している方は、市販薬を飲むのは控えて医師に確認してからにしましょう。副作用の問題もありますので、その薬が妊娠に影響がないかどうかをきちんと医師に相談する必要があります。

服用している薬を把握しておくこと

「風邪をひいてしまった」などで、薬を飲まなければいけなくなるきは、突然やってきます。そんなときにあわてないで済むように、今服用している薬をかかりつけの医師に確認して把握しておきましょう。

妊娠していたと知らずに風邪薬を飲んでしまった場合

妊活中の薬摂取で問題なのは妊娠していたと知らずに風邪薬を飲んでしまった場合です。

よくあるケースは風邪薬の服用です。妊娠初期症状と風邪の症状が似ているせいでもあるのですが、妊娠初期は妊娠していることに気づかない女性がたくさんいます。しかし、妊活中はいつ妊娠してもおかしくない状態です。妊娠しているかどうかまだわからないという初期の段階では薬を服用するのには特に慎重になりましょう。もし、妊娠中でも飲めると書いてある市販薬や、影響の少ない漢方薬を選ぶ場合でも、不安な場合は必ず医師に確認してください。妊娠している可能性がある場合、胎児に影響を与えてしまう薬もありますし、流産や早産の可能性を高めてしまうものもありますので、自分勝手な判断では薬を摂取せず、必ず医師に相談して、妊娠していても飲めるような薬を処方してもらいましょう。

不妊治療中は飲まない方が良いサプリについて

薬だけではなく飲まない方が良いサプリがあります。

体を冷やすサプリメント

体の冷えは、正しい排卵や受精、妊娠の継続の大敵です。そのため、体を冷やす効果があるサプリメントは厳禁なのです。

過剰なビタミンが含まれたサプリメント

妊娠初期に過剰なビタミンをとると赤ちゃんに異常が出ることがあります。不妊治療中はいつ妊娠するかわからない時期ですのでビタミンの過剰摂取は避けましょう。特にビタミンAのとりすぎは赤ちゃんに奇形をもたらすことがあります。

偽女性ホルモン系のサプリメント

不妊治療中は病院で女性ホルモンのお薬を処方されることが増えます。女性ホルモンと同じような働きをするサプリメントは避けましょう。

カフェイン系のサプリメント

目を覚ます、体をシャッキとさせる、疲れをとると言った効能のサプリメントの中にはカフェインが含まれているものがあります。不妊治療中や妊娠初期にカフェインを過剰に摂取すると赤ちゃんに影響がありますので、カフェインを含むサプリメントはとらないようにしましょう。

花粉症の薬は不妊治療中に飲んでも大丈夫?

花粉症に悩まされている人も多いでしょう。不妊治療中には妊娠の可能性を下げるものは少しでも避けたいと神経質になってしまいます。花粉症の薬も飲まない方がいいのでしょうか?

花粉症の薬を飲んでも大丈夫

妊娠に良くないのでは?と心配して、無理に薬を我慢するストレスのほうが、よっぽど不妊治療中にはストレスとなり悪影響ですので、安心して薬を飲んでください。妊活中に花粉症の薬を飲んでも、薬が妊娠や着床に影響することはありません。妊娠が発覚するまでは、今までどおりに花粉症の薬を服用して大丈夫です

妊娠したら薬は止める

花粉症の薬をストップすべきタイミングは、妊娠が発覚した時です。お腹の胎児が薬の影響を受けるのは、体が形成される過程にある妊娠4~10週目なので、この時期は薬物の服用はできる限り避けたほうがよいとされています。妊娠に気付かずに薬を飲んでしまうことが心配であれば、生理予定日なったら花粉症の薬を飲むのを止めるようにしておけば安心です。

はできるだけ薬を飲みたくないという人には

できるだけ体に優しく影響の少ない花粉症治療薬を希望する場合は、病院で処方される点鼻薬や、漢方薬という選択肢があります。点鼻薬のような局所薬は、薬の成分が鼻のみに集中し、全身には回らないため、妊婦さんに処方されることもあるほど、花粉症の薬のなかでも安全性が高いものです。

まとめ

不妊治療中には薬を飲むときにはかかりつけの産婦人科医に相談をしてから飲むようにすると安心できます。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア