mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

206 views

おめでた退社の押さえておきたいマナー

妊娠後に代謝をする場合、マナーを抑えた退社を行いましょう。
会社で築いた人間関係が退職後に役立つ場合もありますから、辞め方でしくじらないようにしましょう。

正しいおめでた退社について

いきなり退職届を提出するのはマナー違反になりますからきちんとしたマナーをしっかりと頭に入れておきましょう。

まず最初に上司へ

妊娠が分かったらまずはじぃうすに報告をしましょう。嬉しさのあまり、同僚や仲間に報告したい気持ちも分かりますが、噂で上司の耳に入った、というのは上司も良い気持ちににはなりません。自分の職場では誰に報告すればいいのか、きちんと把握しておきましょう。上司に事前に報告しておけば、後に安定期に入った時に、上司から職場の仲間に報告をしてもらうこともできます。

早めに報告

結婚や妊娠・出産は、長期のお休みが伴ったり、退職になると仕事の引き継ぎなどが必要になってきます。仕事にもよりますが、半年前くらいには報告し、上司の判断を仰ぎましょう。とくに妊娠は、安定期に入るまでは、ハードな仕事は控えて体を大事にする必要がありますし、悪阻で休む時あったりなど、上司や職場の仲間の協力が必要になってきます。早めに報告をすることが重要です。

絶対にしてはいけない退社について

妊娠をして退社をするのであれがみんなに祝福されてから辞めたいと思うでしょう。ここでは絶対にやってはいけないことについて説明します。

ぎりぎりで報告

ギリギリまで働いていたいという気持は分かりますが、おなかが目立ってきた頃まで報告をしないのはNGです。妊婦に無理をさせたり重い物を運んだり業務に負担がかかる事をさせると切迫流産の危険が高まるし、急な子宮の痛みも誘発してしまうからです。悪阻などで体調が悪い時でも、「なにか大きな病気にかかっているのでは?」と、会社で心配されてしまいます。とくに妊娠は、安定期に入るまでは、ハードな仕事は控えて体を大事にする必要がありますし、悪阻で休む時あったりなど、上司や職場の仲間の協力が必要になってきます。直属の上司だけにでも早めに妊娠の報告をしておきましょう。

嘘の報告をしない

今までお世話になった職場に、「家族の病気」などウソを理由にするのはマナー違反です。「今まで勉強してきたことを生かした仕事をしたい」「子育てに専念したい」など、お互いが気持ちよく納得できる理由で報告をしましょう。

退職は手順を守って円満に

いざ退職をしようとしたとき、まずしなくてはいけないことは何かを抑えておきましょう。

退職は手順を守って

まずは上司に報告をします。その後、上司と退職までのスケジュールを相談し、退職日が決まった後にその日付の退職届を出すのが一般的な流れです。事前の相談なしに退職届を提出してしまうと受け取る上司に、あまり良い印象は持たれないのはもちろんのこと、初めに人事担当者に退職の意思を伝えてしまうと、上司の管理能力が疑われるので迷惑をかけてしまいます。

悪口を言わないこと

会社を辞めることになったからと言って会社に対して屋ほかの社員に対して決して悪口を言わないようにしましょう。自分は辞めるので気軽に会社への不平不満をいってしまうかもしれないが、会社に残る同僚にとってみればいい気はしません。

退職届は確実に相手に渡す

上司と退職日の相談が終わると次はいよいよ退職届の提出です。「電子メールの本文にそのまま書く」や「FAXで会社に送る」、上司の机の上に「クリアファイルに入れて置いておく」ということは絶対にやってはいけません。礼儀を知らない人だと思われます。

まとめ

妊娠が分かって退社をするのであれば、まずは上司に妊娠をしたこと、出産前には会社を退社したいことを相談し告げましょう。礼儀正しい退職の作法を行うことが大切です。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア