mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

167 views

妊娠準備中の抗体検査について

抗体検査では最近問題に成った風疹です。風疹予防接種は、実は新しくて1977年~です。
対象は、将来妊娠するであろう中学生女子のみでした。
1995年の風疹予防接種法の改正で、中学生女子ではなく乳幼児期の男女に接種が義務付けられました。
赤ちゃんが1歳半検診とかでやらないといけないモノです。

特に注意したい風疹

抗体検査では最近問題になった風疹です。風疹予防接種は、実は新しくて1977年~です。対象は、将来妊娠するであろう中学生女子のみでした。1995年の風疹予防接種法の改正で、中学生女子ではなく乳幼児期の男女に接種が義務付けられました。赤ちゃんが1歳半検診とかでやらないといけないモノです。
イキナリ救済措置も摂らず、法律だけ変えてしまったんで、風疹予防接種が未だの年代:昭和54年4月2日‐昭和62年10月1日に生まれ、が出てしまったんです。正確には、救済措置はあり、未接種の人が公費で接種可能だったんです。ですが、啓発されなかったんで、国民にとっては、未接種になるのと同じです。それが、この世代の風疹の大流行になってしまったんです。

妊娠と風疹の関係とは?

ではなぜ、風疹の抗体が無かったらマズいのでしょう。妊娠初期の風疹罹患は、胎児の脳や心臓に障碍を生じさせる、先天性風疹症候群に成り易いからです。ですので、妊娠を計画する前に風疹の経験が無い/風疹の予防接種を受けていない、などを今一度思い返してください。1979年-1987年生ですと、風疹の予防接種が未だの場合であると、思っていいです。ですので、自治体によっては、成人女性対象に、風疹抗体検査をしてくれるところもあるので、調べましょう。
同じく水ぼうそうも、マズいです。これも妊娠初期に水痘に感染すると、1~2%ですが、先天性水痘症候群と言って、低出生体重や奇形が出る場合が在ります。さらに出産直前に母体が水ぼうそうをやると、赤ちゃんへの感染が、極めて重篤化します。日本人は子供のうちに、かかります。しかし、まれに、水ぼうそうを経験していない女性が在るんで、妊娠を計画したら、水ぼうそうの予防接種を受けましょう。
かなりマイナーですが、サイトメガロウイルスに対する抗体が在るかどうかも問題です。

サイトメガロウイルスとは?

サイトメガロウイルスは世界中にあるウイルスです。感染者=キャリアの唾液や尿で感染していきます。小さいときから保育所に預けられっぱなしの状態や、近所の子と集団で遊ぶ状態、あるいは、性交渉での感染などの経験で、我が国の成人の半数以上がキャリアで、抗体が在る=免疫があります。潜伏期は20-60日、発熱を中心とする症状が2-6週間続きます。サイトメガロウイルスの症状は、発熱・悪寒・倦怠感・筋肉痛・頭痛といったもので、風邪と酷似していて、風邪と間違われて、これもいつのまにか忘れられてしまいます。で、通常はこんな症状があるだけで、感染しても問題はありません。しかし、他の子供と接触が無かったなど、サイトメガロウイルス抗体の無い妊婦が初めて感染してしまうと、流産・死産・新脳障害のリスクがあります。妊娠を計画しているならば、抗体検査は必ずしましょう。あまり啓発されて、広まっていないだけで、やらないといけません。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア