mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

551 views

アルコールは赤ちゃんに影響がある?

妊娠中や、授乳中のママがアルコールを摂取すると赤ちゃんに影響があるのでしょうか?
今回は、意外と知られていないアルコールの怖さについて、お話しします。

妊娠中にお酒を飲むと、赤ちゃんに影響はある?

ママが飲んだアルコールは赤ちゃんに直接影響を与えます。妊娠中のアルコール摂取は、お腹の赤ちゃんを危険に晒してしまう大きなリスクがあります。

胎児性アルコール症候群を患う可能性が生じます

妊娠中にお酒を飲むと、母親の血液中のアルコール濃度が高くなります。そのアルコールは酸素や栄養と共に胎盤を通じて、直接赤ちゃんへと運ばれていきます。

大人がアルコールを摂取した場合、肝臓の働きによってアルコールを分解します。しかし、お腹の赤ちゃんは肝臓の機能が未発達の為、アルコールが分解できずに体内に溜まってしまいます。その為、酔っぱらった状態が長く続いてしまう事になります。
その間の赤ちゃんの神経細胞は止まってしまい、更に細胞を傷つけることもあります。
このようなアルコールの影響によって、胎児への障害や奇形が起こる、胎児性アルコール症候群という先天性疾患を患う可能性が生じてしまいます。

胎児性アルコール症候群(FAS)とは?

胎児性アルコール症候群(FAS)とは、妊娠中の女性が習慣的に飲酒をすると、アルコールの影響で、胎児に形態異常や行動障害・神経障害などの先天異常が生じることをいいます。

尚、胎児の異常や障害の度合いは、妊娠の体質や環境、飲酒の量などによって異なるといわれています。

胎児性アルコール症候群の症状

胎児性アルコール症候群(FAS)は下記のような症状があります。

・発育の遅れ
・顔に関する奇形
・身体の障害
・虫垂神経の異常

胎児性アルコール症候群は、妊娠中に飲酒しなければ予防できます

胎児性アルコール症候群は、妊娠中に飲酒した時に必ず起こるものではなく、妊婦さんの体質や飲酒の量などの複数の条件によって異なります。

又、高齢出産ほど、長年のアルコール摂取によって生殖細胞が影響されているので、妊娠中の飲酒による症状が出やすいともいわれています。

胎児性アルコール症候群は、現在のところ、治療法が確立されていない為、怖い病気ですが、妊娠中に飲酒をしなければ予防できる疾患です。

授乳中にアルコールを摂取した場合の、赤ちゃんへ影響

授乳期間中のアルコール摂取は、基本的には避けるよう推奨されていますが、その理由を解説します。

母乳の為のホルモンにも影響が生じます

赤ちゃんが産まれると、母乳を作り出す、プロラクチンというホルモンと、その母乳を押しだす為のオキシトシンというホルモンが分泌されます。授乳中のママがアルコールを摂取すると、プロラクチンの分泌量が低下し、母乳の量が減少します。又、オキシトシンの分泌が抑制されることで、母乳の射乳反射(赤ちゃんが乳首を吸うと反射的に母乳が出ること)が阻害されます。

赤ちゃんの成長面での影響が生じる可能性があります

授乳中のママがアルコールを摂取すると、赤ちゃんの脳の影響として、学習障害や記憶障害・運動能力の遅れ・低身長・低体重などの発達障害等が引き起こされる可能性があるといわれています。

又、落ち着きがなくなる、赤ちゃんの睡眠時間が短くなる・痙攣発作を起こすなどの症状がでることもあります。

赤ちゃんの消化機能が低下する

アルコールを摂取したママの母乳によって、アルコールが赤ちゃんの体内に入ると、赤ちゃんの胃腸にもダメージを与え、消化機能が低下するので、赤ちゃんが下痢をすることがあります。

母乳の味が変化し、赤ちゃんが飲まなくなる

ママが食べた物によって、母乳の味は変化します。

ママがアルコールを摂取すると、母乳の中にアルコールが移行します。
赤ちゃんは少し甘い味の母乳を好むのですが、アルコールが含まれた母乳の味は、酸味あり、アルコールの匂いもするので、赤ちゃんは嫌がって飲まなくなる原因にもなります。

又、赤ちゃんが母乳を飲まなくなったり、吸い付きが悪くなることで、母乳の分泌を低下させる原因にもなります。

ママのカルシウム不足の原因になる

授乳中のママは、赤ちゃんへ沢山の栄養を取られます。特にカルシウム不足になりやすいので、ママの骨が弱くなる原因にもなります。
アルコールを摂取すると、カルシウムの消費が多くなるので、カルシウム不足が加速しやすくなります。

ママの身体の負担になる

アルコールーは肝臓で分解されてアセトアルデヒドという物質に変化します。このアセトアルデヒドには強い毒性があり、飲酒後、頭痛や吐き気がするなどの症状はこのアセトアルデヒドによるもので、アセトアルデヒドは発がん性を高める物質ともいわれています。

体力がある、健康な状態でお酒を楽しむのは良いと思いますが、産後、体力が回復していないママにとっては、アルコールが身体の負担になることがあります。

赤ちゃんが、急性アルコール中毒で亡くなった事例もあります

ママが摂取したアルコールは、ママの血中に含まれます。母乳はママの血液からできているので、飲酒後のママが赤ちゃんへ授乳をすると、赤ちゃんも同時にお酒を飲んでしまう事になります。赤ちゃんの肝臓や腎臓等の消化器官は未熟で、アルコール分解能力が低いので、負担がかなりかかってしまいます。

ママが多量のお酒を飲んだ直後に授乳した為に、赤ちゃんが急性アルコール中毒で亡くなったという海外での事例もあります。

授乳中のママが、お酒を飲んだ場合の対処法

もし、授乳中のママが、お酒を飲んだ場合は、飲んでから1~2日間は母乳を与えることを控え、その間は事前に搾乳をしておいた母乳か粉ミルクで代用し、お酒を含んだ母乳は搾乳をして処分しましょう。
この時、しっかり搾乳をしておかないと、乳腺炎になることがあります。

妊娠中や授乳中にノンアルコール飲料を飲んでも大丈夫?

先述したように、妊娠中や授乳中の飲酒は、赤ちゃんへ悪影響を与えるだけでなく、母体の負担にもなります。
しかし、お酒が好きだったというママは、アルコールの摂取を禁止するとストレスが溜まることもあると思います。
最近では、よくノンアルコールビールなどのノンアルコール飲料が目に付くようになりましたが、これらの飲み物は、妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫なのでしょうか?

ノンアルコール飲料でも、アルコールが入っている可能性があります

日本の法律で定められているノンアルコール飲料というのは、1%未満のアルコール分が認められています。
この1%というのは、四捨五入して1%という意味です。
その為、0.05%以下アルコールなら「ノンアルコール飲料」として区別されます。
よって、アルコール0.00%と表示されていても、最大で0.04%のアルコールが入っている可能性があります。
ノンアルコールだからと言って、多量に飲んでしまった場合、アルコールの影響が出る可能性があるので注意をしましょう。

ノンアルコール飲料には、様々な添加物が含まれています

ノンアルコール飲料は、アルコールが入っていない分、様々な添加物が含まれていたり、糖質やプリン体が多く含まれていることがあります。これらの添加物や不純物が母乳を介して赤ちゃんへ移行した場合、赤ちゃんに湿疹などの症状がでることがあります。

成分を良く確認してから、飲むようにしましょう

ノンアルコール飲料を飲む場合は、1%未満のアルコールを含んでいる飲料がありますし、成分を確認してから飲むようにしましょう。

まとめ

妊娠中や、授乳中は、お酒好きなママにとって、辛いかもしれません。
ですが、胎児性アルコール症候群は、ママがアルコールを摂取しなければ100%防げる病気です。
授乳中もママの判断1つ1つが、赤ちゃんにとって大きな影響をもたらすことになるので、
授乳期間が短い新生児期は、禁酒した方が安全だと思います。

又、ノンアルコール飲料にも微量のアルコールが含まれているので、飲みすぎには注意をしましょう。どうしても我慢できない時は、アルコール外来を受診するのも1つの方法かと思います。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア