mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

33 views

妊娠初期の服装について

妊娠中期(5~7ヵ月目)

妊娠中期(5~7ヵ月目)

妊娠初期だと、まだお腹の膨らみが目立たないので、本格的なマタニティーウエアを着るには早い気がする…でも今まで着ていたものでいいの?など、毎日の服装についても悩んでしまいますよね。
お母さんが心地よい服装で快適に過ごせれば、お腹の赤ちゃんもきっと健やかに育ってくれるのではないでしょうか?

妊娠初期の服装のポイント

妊娠初期は、お腹の赤ちゃんの臓器などの身体器官が形成されるとても大事な時期です。
この時期は、つわりが始まりお母さんの身体も日々変化していきますので、少しでもストレスのないような服装選びをしましょう。

どんな服装をすればいいの?

妊娠初期では、お母さんの体型の変化はあまり見られないですが、赤ちゃんの成長と共に日ごとに身体は変わっていきます。
お腹の膨らみが目立たないからと言って、締め付けのある苦しいような服装は良くありません。
ゆったりと着られて、なおかつ身体を冷やさないような服装が良いでしょう。

トップス編

妊娠初期では、体型があまり変わらないので、無理にマタニティーウエアにする必要はありません。
へそ出し等の極端なものでなければ、今まで着ていたものでOKです。カーディガンやパーカーなどの羽織ものはオールシーズン活躍するので、外出する時や仕事先でも一枚あると便利です。
冷やさないためにも丈が長めのものの方がおすすめです。

ボトムス編

この時期はつわりの症状が出始めて、締め付けのあるボトムスなどははいていて気分が悪くなってしまうこともあります。
お腹への締め付けがなく、ゆるりと着られるワンピースや、ウエストゴムのロングスカート、レギンスパンツなどは、妊娠後期まで着られるのでおすすめです。
スカートをはく時は、足元が冷えないよう、靴下やレッグウォーマーでしっかり温めましょう。

アンダーウエア編

妊娠初期では、ちょっとした刺激にも敏感になります。ブラジャー、ショーツなどの下着類は、直接肌に触れるものですので、肌への刺激が極力少ないものを選びましょう。

ブラジャーについては、妊娠すると乳腺が発達するため、バストサイズが大きくなります。また、ハリや痛みを感じたり乳首も敏感になったりもします。それに伴い妊婦さんに適したものに替えていく必要があります。
マタニティーブラジャーは妊婦さんのために様々な配慮をされており、今までのブラジャーがきつくなってきたと感じたらこちらへの替え時です。
乳腺を圧迫しないように、優しい素材の付け心地の良いものを選びましょう。
つわりの症状で気分が悪い時などは、ハーフトップタイプのものや、パッド付きのキャミソールなどがおすすめです。

ショーツについてですが、お腹をすっぽりと包み込むようなものがおすすめです。冷えを防ぎ、締め付けのないもので、こちらも優しい素材の履き心地の良いものを選びましょう。ガードルやゴムがきつ過ぎるものは避けたほうがいいでしょう。

季節ごとの服装について

では、具体的に「春・夏・秋・冬」でどのような服装が適しているのかを季節別にご紹介致します。

春編

春は日中などはぽかぽかと暖かい日も増えてきますが、昼夜の寒暖さも含め、全体的にも気温差の激しい時期です。
温度調節しやすいように、外出時にはいつもの服装にプラスでもう一枚羽織れるものを持参すると良いでしょう。
シャツ系、カーディガン、Gジャン、ストールなど。

夏編

暑さの厳しい夏は最も悩ましい季節かもしれません。外に出れば猛烈な暑さで、室内に入れば特にお店などは冷房ガンガンで寒いくらいに冷えているので、妊婦さんは要注意です。
外と室内の温度差が激しいので、どちらにも対応できる服装が好ましいです。外の暑さでのぼせたりしないように、通気性の良いロングワンピースなどがおすすめです。併せて室内での寒さ対策は万全に!
締め付けのない、さらりと着心地が良く、なおかつ体を冷やさないものを着用しましょう。
カーディガン、ストール、パーカーなどの羽織もの、ロングワンピース、腹巻など

秋編

春と同様、気温差の激しい時期です。
だんだん暖かくなっていく春とは逆に、だんだんと寒くなっていく季節ですから、少しずつ暖かめの服装にシフトしていきましょう。秋にも羽織ものは大活躍しますが、春夏よりも厚手で暖かい素材のものがおすすめです。急に寒くなることもあるので、しっかりと準備しておきましょう。
ニット素材のカーディガン、ストール、厚手のパーカー、タイツ、レギンスなど

冬編

冬はとにかく防寒です。
妊婦さんにとって冷えは大敵ですから、常に冷やさないように心がけましょう。外出する時はしっかりと冷え対策を行い、首、手首、足首の3首は冷やさないよう、さらに腹巻などでお腹周りも忘れずに温めましょう。
ヒートテックや極暖のインナーやレギンス、タイツ、厚手の靴下、裏起毛タイプのボトムス、マフラー、手袋、ニット帽など

妊娠初期の服装選びの注意

まだお腹の膨らみなどの体型の変化があまり見られない時期ですが、妊娠初期の服装選びにはいくつか注意が必要です。

締め付けない

妊娠初期はつわりが始まる時期です。マタニティーウエアでない手持ちの服を着るのは構わないのですが、あまりタイトなものはつわりの症状を悪化させてしまう恐れがあります。アンダーウエアも含めて、きつくて苦しい締め付けのあるようなものは避けましょう。

冷やさない

身体を冷やすことは、お腹の赤ちゃんにとってもよくありません。
季節を問わず、冷え対策はしっかりと行いましょう。特にお腹周りは子宮などの大切な臓器が集まる場所です。効果的に温めることができる腹巻の着用をおすすめします。

着心地の良いもの

妊娠するとホルモンバランスの変化や、特に妊娠初期はつわりによる身体の変化もあるので肌が敏感になります。かゆみやカサつきを感じやすくもなりますので、下着や洋服など肌に直接触れるものは、チクチクした肌触りのものは避け、肌に優しい素材のものを選びましょう。

まとめ

いかがでしたか?
妊娠初期は、つわりの様々な症状に悩まされることもあるかとおもいます。
ですので服装は、締め付けなく、冷やさない、心地よいものを選びましょう!

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア