mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

14 views

みんなが抱える産後の悩み

出産はお母さんにとっても赤ちゃんにとっても大仕事です。
そうした大仕事を終えた後の体は、大きく変化し傷つき疲れ切っています。
出産を終えた産後の体は徐々に妊娠前の体へと戻っていきますが、それに伴い産後の体にはいろいろな症状が現れます。
産後の体の悩みは人それぞれ違いますが、世の女性達はどのようなことで悩んでいるのでしょうか?今回は、女性が経験する可能性のある産後の身体の悩みを紹介します!

後陣痛(こうじんつう)

後陣痛とは?

後陣痛とは、産後に起こる下腹部の痛みのことを指します。
お腹の中で赤ちゃんは大きく成長しますが、それと同時にお母さんの子宮も大きく成長します。産後はこの大きくなった子宮を元の状態に戻すために子宮が不規則に収縮します。この働きを「子宮復古」と呼び、後陣痛はこの子宮復古に伴う痛みです。
痛みの程度は人それぞれで、生理痛の痛み程度の人から立ち上がることが出来ないほど痛みを感じる人もいます。

後陣痛はいつまでつづくの?

後陣痛の期間も人それぞれと言われており、産んでからすぐ痛み出す人もいれば産んでから1日、2日経ってからの人もいます。分娩後2~3日で治まるのが一般的ですが、人によっては1週間ほど続くこともあるようです。
また、母乳の分泌に関わるホルモンには子宮の収縮を促す働きがあるため、授乳時には後陣痛の痛みが増すことがあります。産後「赤ちゃんにたくさん母乳を飲んでもらうと体の回復が早まる」と言われるのはこのためです。
なお、産後1カ月を過ぎても後陣痛のような下腹部痛が治まらない場合は、子宮がうまく回復出来ていない状態である「子宮復古不全」の可能性があるため腹痛が続くようであれば医師に相談してみましょう。

後陣痛を和らげる方法は?

■体を冷やさない
冷えを防ぎ血行を良くすると、後陣痛の痛みを緩和させることができます。
気温が高い時期でも産後は腹巻をつけたり、カイロや湯たんぽを当てたりして下腹部を冷やさないようにしましょう。また、温かい飲み物を飲むなどして体の内側から温めるのもオススメ◎
■うつ伏せで寝る
子宮を少し圧迫してあげると、後陣痛の痛みが和らぐことがあるようです。
枕やクッションのような少しやわらかいものを下腹部に当ててうつ伏せに寝ると程よい強さで圧迫できます。強く圧迫しすぎないように枕やクッションの硬さには気を付けて。
■子宮周りのマッサージ
深呼吸しながら下腹部をマッサージするのも後陣痛の痛みを和らげるのに効果的◎アロマオイルを使ってマッサージをすると精神的な落ち着きも一緒に得ることができます。
■リラックスする
後陣痛に対して不安を抱きすぎず、リラックスしておくことも大切。
好きな音楽を聴いたり、読書をしたりと自分なりのリラックス方法を試しましょう。産後は育児で大変な時期ですが、旦那さんや家族の協力を得ながら少しでも自分の時間を取るようにしてみてください。

悪露(おろ)

悪露とは?

悪露とは出産により傷ついてしまった産道からの分泌物や、剥がれ落ちた胎盤やその残り物、子宮内膜などが混じって出血することを言います。
個人差はありますが、悪露の総量は500~1000mlくらいだと言われています。
出産の回数が多くなるにつれて悪露の出る期間は短くなっていき、出産した赤ちゃんが重いほど悪露の出る期間は長くなります。

悪露はいつまでつづくの?

一般的に、血液を多く含んだ悪露は産後1週間ほど続くと言われています。その後、生理の終わりかけのような茶褐色になり黄色っぽいおりものへと変わっていきます。その期間としては産後4週間~6週間排出され続けると言われていますが、悪露の量があまり減っていなかったり、異常を感じた場合などは病院で相談しましょう。

乳腺炎

乳腺炎とは?

乳腺炎とは、母乳を作る「乳腺」が炎症を起こしてしまうことを言います。
授乳をしているママの約2割~3割がなると言われており、ほとんどの場合は授乳開始後6~12週間の間に発生します。母乳の排出が不十分で炎症を起こしてしまう「うっ滞性乳腺炎」や、乳腺に細菌が入り炎症を起こしてしまったり「うっ滞性乳腺炎」が悪化することによって起こる「化膿性乳腺炎」があります。

乳腺炎の兆候

・38℃以上の発熱、悪寒、倦怠感
・授乳中の痛み
・痛みを伴う硬いしこり
・乳房の腫れ
このような兆候がある場合は乳腺炎の可能性があるため早めの対処、又は医師に相談しましょう。

乳腺炎の対処法

■母乳の詰まりを解消する
「乳腺炎とは?」でもお話ししたように、「うっ滞性乳腺炎」は母乳が詰まることでおこります。そのため、しこりが痛むといった軽めの症状の場合はまず母乳を出して詰まりを解消しましょう。
■乳房を冷やす
乳房が熱を持って張っている場合は、温めずに濡れタオルや冷却シートを使って冷やしましょう。
■乳頭を清潔に
「乳腺炎とは?」でもお話ししたように、「化膿性乳腺炎」は細菌感染によって起こります。そのため、授乳後は乳頭や乳輪をきれいに拭いて清潔に保つことが大切です◎

乳腺炎の予防法

■授乳方法を工夫する
乳腺は乳首を中心に放射状に広がっているため、片方だけで授乳していたり、同じ抱き方で授乳していると一部の乳腺に母乳が残ってしまい詰まりやすくなってしまいます。そのため、左右交互に授乳をする、姿勢を変えるなどしてバランスよく授乳しましょう。
■胸を圧迫しないようにする
胸を圧迫してしまうと、乳房の循環が悪くなり乳腺に母乳が溜まってしまいます。産後は乳腺に母乳が詰まらないよう授乳用のサポートブラジャーをつけるなどして対策しましょう。

会陰痛

会陰切開とは?

「会陰」とは膣と肛門の間の皮膚のことを言います。
出産時、この部分が十分に伸びなかった場合に赤ちゃんが出てくるときに裂けてしまうことがあるため、赤ちゃんをスムーズに取り出すために行います。
また、分娩が長引くことで赤ちゃんの容態が心配されたり母体に異常を起こすリスクがあるときにも会陰切開が行われることがあります。

会陰痛はいつまで続くの?

会陰切開の傷自体が激しく痛むのは産後1日~2日ほど。産後4~5日後で抜糸をすると傷口の突っ張るような痛みも少し楽になります。産後1カ月たてば傷跡もきれいに治るため痛みが無くなる人がほとんどですが、人によって傷の回復が遅れれば長引くこともあります。

会陰痛を早く治す方法

■傷口を清潔に保つ
傷口から細菌が入らないよう、洗浄綿で優しく拭いたりトイレに行った際はウォシュレットを利用して清潔な状態を保つようにしましょう。産後は悪露も多くナプキンをつけますが、出来るだけこまめに交換することがオススメです。
■傷口を刺激しない
椅子に座ったときに傷口が圧迫されて痛むことがあるかもしれません。
できるだけ傷に触れないように円座(ドーナツクッション)を使ったり、無い場合は正座をして会陰部を浮かせ刺激しないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
産後のママには悩みがいっぱいですよね。
ただでさえ大変な赤ちゃんのお世話中に、痛みや不安まで加わってしまうと精神的にも参ってしまいます。一人で抱え込まず、家族や先生に相談し楽しく育児を頑張りましょう!

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア