mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

206 views

不妊治療で夫婦が気をつけたい点とは

不妊治療はいつまで続くかわからない長期戦になることを覚悟しなければなりません。
その間に夫婦仲が悪くなってしまう場合もあるのです。
不妊治療がきっかけで仲が悪くならないように不妊治療で気を付けるべき言動などを紹介します。

夫婦ともに妊娠を目指す

妊娠しにくいと感じ不妊治療を始めるときには夫婦どちらか一方に負担がかかってはいけません。不妊治療をしていくのであれば夫婦ともに妊娠しやすい状態を作り上げていきましょう。

生活習慣を見直す

不規則な生活習慣になっていないか、まずは生活習慣を見直しましょう。将来子供を作る為の治療を行うのですから、体が健康であることがベースになければなりません。今までの生活で、健康を害するような行動は止めましょう。特に喫煙の習慣がある人は止めた方がいいでしょう。お酒も度が過ぎると良くないので深酒にならないように注意しましょう。ダイエットをしているのであればそれも不妊治療中は控えましょう。過度のダイエットは栄養不良を招き卵子の老化につながってしまいます。

体を冷やさない

特に女性は体が冷えがちです。体温が低いと血のめぐりが悪くなるのでバランスの良い食事をしても栄養素が体内の隅々まで行き渡らなくなってしまいます。適度な運動をすることはお勧めです。ストレス解消にもつながりますし、体を動かすことで血のめぐりも良くなります。体温上昇にもつながるので健康な体を作り上げることが出来るでしょう。

バランスの良い食事

バランスの良い食事を心がけましょう。1日3食バランスの良い食事をとれば体が健康になっていきます。ダイエットはダメですが、太りすぎることも良くありません。野菜、果物、タンパク質、豆類をバランスよく食事でとりましょう。ご飯は白米よりも玄米がおすすめです。健康のためにも脂っこい食事ばかりは控えましょう。さらにあまりに辛い刺激物も控えめにした方がいいです。

夫婦ですれ違いの内容に

不妊治療を始める前までは夫婦仲がよかったのに、不妊治療を続けていくうちに夫婦仲がぎくしゃくしてしまったという話を聞くことがあります。

タイミング法によるすれ違い

不妊治療の第一段階で進められるタイミング法は排卵日を予測し、夫婦生活のタイミングを取るという自然妊娠に近い方法ですが、このタイミング法に関して夫婦二人の気持ちが同じでないとすれ違いの原因になってしまいます。「この日がタイミング」と言われても男性側は、残業、仕事の付き合いなどが急に入ることもあり、思うようにタイミングに合わせられないことがあります。そうすると女性側はいつまでたっても子供が出来ないというプレッシャーが大きくなり、男性を責め立ててしまいます。

女性の身体は、妊娠に対してのタイムリミットがあるので、焦る気持ちを男性側は理解する必要があるのです。だからと言ってそのタイミング法にあまりにも生活を左右されてしまうとどんどん夫婦仲は亀裂が入ってしまいます。タイミング法の日にちが悪くてもその前後で仲良くできるようにしていこうと考え方を柔軟に変えていきましょう。

夫婦生活を積極的に

不妊治療で指定された日にだけ仲良くすることを心がけている夫婦がいますが、日ごろから積極的に仲良くするようにしましょう。積極的に仲良くしていれば自然妊娠する確率も高まります。仲良くするためには夫婦二人が積極的にコミュニケーションをとることも必要です。相手のことを想いやって仲良くしていきましょう。

男性と女性の気持ちのすれ違い

男性と女性は不妊治療に対しての意気込みが違う場合があります。これでは不妊治療を始めても意識も持ち方が違うので積極的に取り組むことが出来なくなってしまうでしょう。

一方が治療に関心がない

女性ばかりが子供が欲しいと思っていて男性側は子供をそれお程欲しいと思っていない場合、不妊治療に対する温度差が出てしまいます。不妊治療を始める前にしっかりと夫婦二人で話し合いをすることが大切です。不妊治療は、一人でやるものではありません。夫婦二人で行なうものなのです。治療が大変なのはたいてい女性側です。男性は治療の詳細がわからなくても「大丈夫?」「大変だったね」と思いやりある言葉をかけてあげるようにしましょう。

お互いの気持ちを把握するように

女性は男性が自分の気持ちをわかってくれないと感じ、徐々に距離を感じていきます。一方男性側も女性が自分の気持ちをわかってくれないと感じ二人の距離がどんどん離れていってしまうのです。不妊治療をしていなくても、普通に生活しているだけでも夫婦生活が長く続けばいろいろなことがあるものです。

もちろん気持ちの上での擦れ違いも生じてきます。夫婦が気持ちを通わせることが一番大切なことです。なんだか二人の間に距離を感じると思えば、できるだけ話し合いをしたり、コミュニケーションをとって距離をなくしていきましょう。二人の時間を楽しく共有できる時間を過ごすことが出来れば仲の良さも復活していきます。

心に不満を溜めてストレスをお互い抱えていることは不妊の原因となってしまいます。ストレスを溜めないようにしていきましょう。

まとめ

不妊治療は時間もかかりますし、身体的にも精神的につらいものです。夫婦二人がぎくしゃくしていてはつらい不妊治療を乗り越えていくことはできません。夫婦仲良く足並みをそろえて不妊治療を行っていきましょう。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア