mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

135 views

不妊治療中はヘアカラーは駄目?

不妊治療を行っているときにヘアカラーをすると何かしら影響があるのでしょうか?
不妊治療だからと言っておしゃれにも気を抜きたくないと思っているでしょう。
不妊治療とヘアカラーについて説明します。

不妊治療中のヘアカラーは大丈夫?

不妊治療中のヘアカラーは問題があるのでしょうか?

ヘアカラーはダメ?

ヘアカラーをしている場合、定期的に美容院へ行かなければいけません。髪の毛は毎日伸びているので伸びたところがカラーリングされていないので、気になってきます。

不妊治療中はヘアカラーをしても問題はないのでしょうか?

ヘアカラーに含まれる薬剤は体にとって劇薬ではないので、医学的にほとんど問題がないと考えられています。ここで問題なのは「ほとんど」という点です。ほとんど問題がないということは、逆に考えれば少しは問題があるということにつながります。つまり少なからず影響があると考えていいでしょう。

ヘアカラーに使われている薬剤は一昔前から比べるとずいぶん改善され体に害とならないようにされてきましたが、全く害がゼロではないのです。できるならヘアカラーをしない方がいいでしょう。

薬剤が与えるリスク

ヘアカラーの薬剤は口からではなく皮膚を通して体に中に入ってくる可能性があります。それによって引き起こされるリスクは、胎児未発達、胎児の低体重・低身長、胎児の低酸素状態、アレルギー性皮膚炎の発症などが考えられます。

気づかずにヘアカラーをした場合

妊娠初期であれば妊娠に気づかずにヘアカラーをしてしまった場合もあるでしょう。1回のヘアカラーで胎児に悪影響が起こることは非常に考えにくいです。回数が増えたり、強い薬剤を使う場合にはリスクが高まるのです。

不妊治療中にどうしてもヘアカラーがしたい場合

不妊治療中にどうしてもヘアカラーがしたい場合はどうすればいいのでしょうか?

頻度を少なくする

ヘアカラーを2か月に1回1か月に1回しているのでしたら、不妊治療中はもっと頻度を少なくしましょう。頻度を少なくすることでリスクを低くすることが出来ます。

皮膚につかないように

ヘアカラーの薬剤が皮膚につくことでそこから入ってきて胎児に悪影響が出る可能性が考えられるのです。ヘアカラーをする場合には、できるだけ皮膚に薬剤がつかないようにしてほしいことを美容師さんにお願いしましょう。

美容院で行う

市販のヘアカラーもありますが、美容院でヘアカラーをしましょう。美容院によっては低刺激の薬剤を利用しているところもあります。そのような美容院でヘアカラーをすればリスクが低くなります。

匂いが敏感に

不妊治療中はホルモンのバランス変ってきています。そのためにヘアカラーのにおいがダメになる人もいます。

匂いがダメに

ヘアカラーの時には独特のにおいがありますが、においがダメになってヘアカラーが出来なくなる人がいます。不妊治療中はホルモンバランスが変化します。ホルモンの影響で今までは大丈夫だった匂いに敏感に反応し、ダメになる場合もあります。不妊治療中の薬の服用により、液のにおいで気分が悪くなったりする可能性もあるのです。

肌が敏感に

不妊治療中はホルモンの影響で肌がデリケートになっています。肌が敏感になることで、カラー剤によって肌荒れやかぶれを起こしやすくなる人もいます。

まとめ

不妊治療中でもおしゃれに気を配りたい、おしゃれに手を抜きたくないと考える人は多いでしょう。美容院へ行くことは、女性のおしゃれには欠かせないものです不妊治療をしていてもヘアカラーはできますが、体が敏感になっているために体の方が拒絶反応を示す場合もあります。低刺激のものを使ってもらうなど、美容師さんと相談するといいでしょう。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア