mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

314 views

35歳過ぎたら不妊治療した方がいい?

35歳を過ぎると高齢出産と言われます。
年齢を重ねるごとに若いころと比べると妊娠もしにくくなってしまいます。
35歳を過ぎたら不妊治療をすべきなのでしょうか?

不妊治療について

不妊治療はどのような人が行うべきなのでしょうか?また、どのような治療を行うのでしょうか。

不妊症に悩むカップル・夫婦の数は年々増加中

不妊症に悩むカップル・夫婦の数は年々増加している状況があります。健康的なカップルが避妊をすることなく過ごしているのにいつまでたっても妊娠しなければ不妊であると考えられます。以前は避妊せずに仲良くしているのにも2年が過ぎても妊娠しなければ不妊と考えていいと考えられていましたが、最近は1年間を目安に考えています。避妊することなく1年間過ごしているのに、妊娠しなければ不妊と考えます。

特に高齢になっているのであればあるほど早めに不妊治療を考えた方がいいでしょう。30歳を過ぎたら妊娠しにくくなる傾向にあります。35歳を過ぎるとさらに確率が低くなってしまのです。不妊治療が遅くなるとそれだけ妊娠できる確率も下がってしまいます。少しでも早く妊娠したいなら早めに病院へ行きましょう。

不妊治療の検査方法

不妊治療の検査方法は、男性と女性とで異なります。女性は血液中のホルモン測定、超音波検査、子宮卵管造影などの検査を行います。男性は精液を採取して、精子濃度や運動率、奇形率などをチェックします。

不妊治療の期間について

不妊治療は妊娠できると終了しますが、いつまでたっても妊娠できないカップルも当然ながらいます。不妊治療をはじめてすぐに妊娠できる人もいれば3年ほど経過してやっと妊娠することが出来たという人もいるのです。できるだけ早く始めたほうが妊娠率が高く、治療期間が短くてすむ場合が多い傾向にあります。35歳を過ぎても自然に妊娠が出来ないのであれば早めに不妊治療を始めましょう。

不妊の原因は女性だけではない

不妊というと女性側に原因があると思われがちですが、女性側にだけ原因があるわけではありません。現にお笑い芸人の森三中大島さんは放送作家である旦那さんに不妊の原因があることが分かったことで、不妊治療を開始するために芸能活動を少しお休みして妊活を行っていました。男性側に原因があることもあるのです。

女性側に原因がある場合

女性側に不妊の原因がある場合は、排卵障害や卵巣腫瘍、卵管のねじれ、子宮内膜症や頚管粘液の異常、着床障害などです。不妊の原因に応じて治療が行われます。

男性側に原因がある場合

男性側に原因がある場合は、精子に関するトラブルがほとんどです。数が少なかったり、運動能力が低いことで不妊となっているのです。

不妊の治療について

年齢を重ねているが子供を授かりたいと思うのであれば不妊治療を早めに行いましょう。不妊治療について説明します。

タイミング法

タイミング法は一番自然妊娠に近い形です。基礎体温グラフなどから排卵日を予測して、いつ行為を行えば一番妊娠しやすいかを計算するのです。そのタイミングを見計らって妊娠の確率を高めるのです。費用もそれほど高くはなく数千円程度です。

排卵誘発法

排卵誘発法は、排卵が起こりにくい女性に排卵を誘発する薬を使って排卵を引き起こさせて妊娠を高める方法です。この場合もタイミングを見計らって行為を行うこととなります。

人工授精

人工授精は、直接子宮内に精子を送り届けて妊娠をサポートすることが出来るので、男性側に不妊の症状がある場合には人工授精の方法を勧められる場合があります。1回当たり約1~3万円の治療費がかかります。

体外受精

いずれの方法でも妊娠が出来ない場合には体外受精を行う選択肢も残されています。女性から卵子を取り出し、男性からは精子を取り出します。それらを体外で受精させて、培養した受精卵を子宮に戻すことで妊娠させるのです。この方法が体外受精です。費用はかなり高く100万円近くかかる場合もあります。

まとめ

35歳を過ぎているがなかなか子供を授かることが出来ないのであれば早めに不妊治療を始めましょう。不妊治療というと敷居が高いと思っている人もいるようですが、不安を抱えたままではストレスもたまりますし、余計に妊娠が出来にくい環境を作り出しているのです。早めに不妊の原因を突き止めて治療を行っていきましょう。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア