mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

319 views

高齢出産のリスクとは?

近年は結婚年齢が上がってきています。
そのため30歳を過ぎてから初産を迎える人も増えています。
35歳を過ぎて初産を迎える場合、高齢出産であると言われます。
ダウン症などの障害へのリスクが高まると言われる高齢出産のリスクについて説明します。

高齢出産について

高齢出産について詳しく説明します。

出産適齢期はいつ?

出産に適した出産適齢期は何歳なのでしょうか?人の体は年齢を重ねるごとにどんどん老化していきます。近年は女性の社会進出が進んでいるので仕事がうまくいくようになってから結婚出産を考える人が多くいることから。30歳を過ぎてからが出産適齢期だと思う人もいるでしょう。

しかし、肉体的にみると妊娠出産に不可欠な女性ホルモン分泌のピークは10代後半で、その後20~30歳位までは安定して分泌されていますが、30歳くらいから緩やかに下っていくのです。女性ホルモンが減少していくと卵子も老化していきますから妊娠しにくくなる状態になってしまうのです。つまり20歳から30歳くらいまでが妊娠しやすい時期と言えるでしょう。

高齢出産は何歳から

日本産科婦人科学会の定義では、35歳を過ぎてからの出産のことを高齢出産というということが決まっています。近頃は結婚の番演歌が進んでいるので、35歳を迎えて出産をしても高齢とは言わないのではないかと思うかもしれませんが、様々なリスクが高まることから35歳を基準に考えられているのです。

高齢出産のリスクについて

高齢出産にはリスクがあります。どのようなリスクがあるのかを把握しておきましょう。

妊娠率が下がる

女性ホルモンの分泌が減少し卵子も老化することから、妊娠しにくくなってしまいます。

ダウン症などの確率が高まる

高齢出産はダウン症など、障害をもった子供が生まれるリスクが高まります。これは卵子の老化が原因です。女性は卵子の数が一生のうちでいくつ生み出せるかが決まっています。そのため年齢を重ねるごとに卵子はどんどん老化しているのです。卵子がロウじゃすることで染色体異常を引き起こしやすいので、ダウン症の子供を妊娠する確率も高まるのです。

病気になりやすい

高齢出産は何かとトラブルを引き起こしやすくなります。高齢妊娠は母体に負担が大きくかかるので、妊娠中毒症にもなりやすいですし、妊娠中に血圧が高くなったり尿にたんぱくが出たり全身がむくんだりする妊娠高血圧症候群も引き起こしやすいのです。

流産や早産、切迫流産や切迫早産になりやすい

高齢出産は流産や早産、切迫流産や切迫早産になりやすい状態にあります。染色体異常が原因で流産や早産を引き起こしやすいですし、胎盤早期剥離が起きやすいリスクもあるのです。

無事に高齢出産を迎えるために

無事に高齢出産を迎えるためにはどうすればいいのでしょうか?

40歳を超えての出産も

一昔前では非常に少なかったのですが、近頃は40歳を超えて出産を経験する人も増えてきています。自然妊娠で出産をする人もいますが、医療技術が進んだことにより人工授精や体外受精、不妊治療によって40歳をすぎても妊娠することが出来、無地に出産を迎えている人も多くいるのです。ただやはり40歳を過ぎると急激に妊娠率が下がるので少しでも早く妊娠したいのであれば産婦人科を受診して治療を開始しましょう。

妊娠に強い体作りをする

妊娠したいと思っているのであれば妊娠に向けて健康で強い体を作っていきましょう。そのためには基礎正しい生活やバランスのとれた食生活を送ることです。適度な運動を続けて体力をつけることも大切です。さらに妊娠に必要な葉酸を積極的に摂取しましょう。

リスクを把握して夫婦一緒に考える

高齢出産ではいろいろなリスクがのしかかってきます。その人の見た目がどんなに若々しくても卵子は確実に年を取っています。リスクが乗じるのは卵子が老化しているので仕方がないことです。高齢出産で後悔しないためには、リスクに関する知識をきちんと身につけましょう。その上で妊娠を希望するのであれば万が一リスクが生じたときにはどうするのかを夫婦二人で考えておきましょう。

リスクばかりではない

高齢出産はリスクばかりではありません。ある程度年齢を重ねることで社会的にいろいろな経験をしてきているので子育てにも生かすことが出来るでしょう。しかも若いころと違って経済的にも余裕がありますし、人生経験も豊富なので余裕をもって子育てをしていくことが出来ます。

まとめ

年齢を重ねるごとに卵子が老化していくので、妊娠率も下がりますし、障害のある子供が生まれるリスクも高まります。高齢出産にはいろいろなリスクが伴いますので、妊娠を希望するのであれば、どのようなリスクがあるのかをきちんと認識しておきましょう。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア