mamanowa

ママになりたい女性・ママのための
妊活・妊娠・出産・子育てトータル情報サイト。

125 views

男性の喫煙や飲酒も妊娠に影響がある?

女性が喫煙や飲酒をしていると妊娠に悪影響を及ぼすことは知られていますが、男性の喫煙や飲酒も妊娠に影響があるのでしょうか?

喫煙の影響

妊活をしている場合、喫煙は悪影響を与えてしまうので女性の場合やめている人が多いでしょう。社会全体的に喫煙者が減ってきているとはいえ、まだまだ喫煙を習慣づけている男性は多くます。男性の喫煙が妊娠にはどのような影響があるのでしょうか。

タバコに含まれる有害物質

タバコには有害物質が含まれています。

ニコチン

ニコチンはタバコに服荒れている有害物質の代表的なものの一つでしょう。体が小さい赤ちゃんが誤って吸い込んでしまうと命を落とすことになるかもしれないほど有害な物質です。動悸、血圧の上昇、血流の悪化などの悪影響があります。

タール

タールには発がん性物質が含まれていると言われています。

タバコに対する危険

タバコには危険がたくさんあります。喫煙をしていると肺がんになるリスクも高いです。さらには肌に老化の進んでしまいます。タバコを吸っていると体温が低下する働きがあります。血流も悪くなるので妊娠を希望している女性は喫煙をすることが妊娠の弊害となってしまうのです。

男性の喫煙は

男性が喫煙をしていると精子に大きな影響を与えます。精子が形態異常を起こしている可能性もあるのです。さらにたばこの有害物質が体内の期間にも悪影響を与えるので、精子を作る精巣にも悪い影響を与えてしまうのです。精巣の機能低下によって精子の動きが悪くなったり数が極端に減少する可能性があるので妊娠にも影響を与えてしまいます。また男性の喫煙は精子の遺伝子や染色体の異常を起こす確率も高まるので奇形児が生まれてくるリスクも大きくなってしまうのです。

男性の飲酒について

妊娠を希望している女性は飲酒は控えるでしょうが、男性も飲酒を控えた方がいいのでしょうか?妊娠に悪影響を及ぼすのでしょうか?

飲酒のリスクは

お酒は適度に飲めば体にも心にも良い影響を与えます。厚生省では飲酒のガイドラインを発表しています。ビール(アルコール度数5度)の中ビン1本(500ml)、缶チューハイ(アルコール度数5度)1缶(約500ml)、ワイン(アルコール度数14度)グラス1杯(約180ml)、日本酒(アルコール度数15度)1合(180ml)が1日における飲酒の目安であると記しています。ただし週に2日は休肝日を設けることも推奨しています。

適度な飲酒であればタバコのように大きな害となることもないので、リラックス効果やストレス解消にもつながって身体的に良い影響を与えるために、妊娠に悪影響になることはないと考えられています。ただし、節度のある量の意飲酒に限ります。あまりにも多く量を飲みすぎると精子の質も衰えますので注意が必要です。

大量の飲酒は

の機会ともなると大量に飲んでしまう人がいますが、妊娠をパートナーが希望しているのであれば飲みすぎには要注意です。大量の飲酒は中枢神経を抑制することから、勃起能障害や射精機能阻害を引き起こす危険性があります。射精がうまくいかなければ妊娠を導くことが出来ないので、大量飲酒はすべきではありません。また大量に飲酒してしまうと性的な欲求も減少します。行為自体をしたいと思わなくなってしまうので、妊娠が遠ざかってしまうのです。

禁煙や飲酒の目安について

妊娠を希望するなら女性だけではなく男性にも協力してもらう必要があります。受精能力が低下しないようにするにはどうすればいいのでしょうか。

禁煙の目安

タバコは大きな害になりますから、健康的な精子を作るためにも禁煙がいいでしょう。行為の時に出される精子は3カ月前に作られたものです。すなわち3か月間禁煙した後からは健康な精子となっている確率が高いと言えます。

飲酒の目安

飲酒をすればするほど妊娠力が弱まることがわかっています。厚生省のガイドラインでは週2日の休肝日を設けることとしていますが、妊娠力を高めたいなら休肝日はもっと多くすべきです。週に1日か2日、少量を飲むのであれば問題はないでしょう。

まとめ

子供を授かりたいと思っているなら女性だけではなく男性にも禁煙や飲酒を控えてもらうことをお願いしましょう。二人で一緒に取り組んで健康な赤ちゃんを妊娠できるように頑張りましょう。

キーワードから検索しよう!

mamanowaについて

SNSでシェア